全レイ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 会社の仕事に全霊を打ち込むことも、それはそれで私には世捨てであった。 ...
  • けれど、今の自分には、全霊ぜんれいで追いかけてきてくれる人たちがいるから。 ...
  • 瞳を窓口にして飛び込んで来た映像は全霊を支配して恋心の火を燃やす。 ...
  • そこには人の全心全霊のあらゆる力が賭けられることを必要とする。 ...
  • アンナこそ作者が全心全霊をもってつくりあげた一種の理想の女性像なのである。 ...
  • 私がお断りするこの仕事に全心全霊、全生命を打ち込んでいる人に言いたい。 ...
  • いや絶叫というよりも男具那の全身、全霊が一体となった咆哮ほうこうだった。 ...
  • 男子生徒たちはボクの方を見ないように、全霊を賭けて周囲を警戒している。 ...
  • ついさっきまで全霊をかたむけてつかえていた老人が、死体となっては見向きもしないのか。 ...
  • とある芸術好きな大貴族の依頼を受けまして、彼はその全霊をもって設計、建築したのでございますよ! ...
  • 全霊をかたむけて君を愛している場合、知性と心とのあいだにどうして区別ができるだろう。
  • その中を全身返り血を浴びて悪鬼の如く自らの黄泉路へ急いだ犯人の全霊を捉えたものは何であろうか。
  • 全霊をあげたあとという感じであった。 ...
  • ウージェーヌは彼女に対しては全霊をあげて忠誠と全面奉仕を誓った。 ...
  • 聖書信仰の立場では言語霊感とあわせて言語十全霊感と呼ぶ。 ...
  • 全霊を尽くして思い浮かべまいとしていた単語を、舞はあっさりと言った。 ...
  • 武者むしやぶるいとでもいうような、全霊ぜんれいの血とにくとのおどりたつのがじぶんでもわかった。 ...