全て

全て 名詞
65,328 の用例 (0.02 秒)
  • 今やここで人が生まれほとんど全ての人間が地上を知らずにここで死ぬ。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 確かに僧侶の服装なのではあるが、全てが赤い色で統一されているのだ。 神坂一『スレイヤーズ01 スレイヤーズ!』より引用
  • 世界の全てのコンピュータ・ネットワークと通信を傍受する能力がある。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 全国に配備された全ての戦略爆撃機が東京上空に群れているではないか。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 試験とペーパーが全て終わると、私はこれまでになく楽な気分になった。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • の地では国にもたみにも裏切られ、土地も財もすべうばわれたというのに。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 街のすべてが楽しくて彼はご機嫌きげんを取るべき娘の存在をすっかり忘れていた。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • 全ての人間関係によつてこの力は人類全体の上に反応するであらう。 ケイ・エレン『恋愛と道徳』より引用
  • 老科学者の言葉をすべて信じたわけではないが、彼女は一応そう尋ねた。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • 経済や交通、物流などコンピュータを使った全てのシステムが停止した。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 全てが全て、従来の技術と縁のないところから生まれたわけではない。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • 苦労してここまでやってきたのに、すべてが無駄になってしまうことになる。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 視界は三百六十度に広がり、海と空の全てを同時に見渡すことができた。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 確かに自分を美しくは見せたけれど、それはすべて武器でしかなかった。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • けれど少なくとも私は、当時から全ての原稿を機械で書いていました。 富田倫生『本の未来』より引用
  • 何を信じてきたのか、これから何を信じたらいいのか、全てが疑わしい。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • そして全てが失われた後、男の手にはただ一挺の拳銃が残されていたのだ。 冲方丁『マルドゥック・ヴェロシティ』より引用
  • 一番いいのは、彼女が、すべてを告白する手紙を書いてくれることである。 西村京太郎『特急「富士」に乗っていた女』より引用
  • 天と地を結ぶ巨大な柱となるアトラスを肉眼で全てとらえるのは不可能だ。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • その前に、正直に、全てを、話しておいた方が、いいんじゃないのかね? 西村京太郎『特急「富士」に乗っていた女』より引用
  • 次へ »