入院

全て 名詞
9,898 の用例 (0.01 秒)
  • あたしが入院したときだって見舞いにも来なかったくらいなんだからさ。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 兄が精神病院へ入院すれば、兄に弟も子もない大伴家はどうなるだろう? 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 五号室にいた胃潰瘍の青年も入院中に知り合った若い看護婦と結婚した。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 気になるから確かめてみたんですが、間違いなく入院はさせたそうです。 中井英夫『虚無への供物』より引用
  • 白い寝巻きを着ていることから、一目で入院患者であることがわかった。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • 伸子が肝臓の病気になって入院する前の秋から冬にかけてのことだった。 宮本百合子『道標』より引用
  • 陽子はずっと前から、一度でいいから入院してみたいと思ってるんだなあ。 高杉良『生命燃ゆ』より引用
  • 去年彼の妻がその病院に入院していたこともあり、感慨の多い路だった。 原民喜『死のなかの風景』より引用
  • 入院したのは中学二年の時で、まだアメリカへ行ったこともなかった。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 別にどこかが悪くなったわけじゃなくて、ただの定期検査けんさのための入院だ。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第04巻』より引用
  • 知り合いが入院してるとなれば教えてあげた方がいいような気がする。 新井輝『ROOM NO.1301 09』より引用
  • 以前よりも元気な顔つきになったのは、もちろん入院のせいだけではない。 阿部牧郎『誘惑魔』より引用
  • 入院している母親の代わりに、鈴木が子どもたちにつくったものだろうか。 石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』より引用
  • 眼をわずらって入院している人に何か適当な見舞の品はないかと考えてみた。 寺田寅彦『断片(Ⅰ)』より引用
  • 入院っていっても、ほとんど病院に住んでるようなものだったんですけど。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第07巻』より引用
  • それから妻は入院中の体験から死んでゆく人のうめき声も知っていた。 原民喜『美しき死の岸に』より引用
  • 僕は姉の死ぬる少し前、姉の入院してゐる病室を訪ねて行つたことがある。 原民喜『魔のひととき』より引用
  • 彼女は意識を無くして運ばれた入院先で半日ももたずに死んだそうです。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • 一人退院してベッドが空くとその日か、翌日には新しい患者が入院する。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 病院にはいるのに入院料がいる位の事は子供でも知つてることだ。 村山籌子『こほろぎの死』より引用
  • 次へ »