入間川駅

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • そこで川越鉄道線を補助する東西の路線として、入間川駅を起点とする馬車鉄道が計画されたのである。 ...
  • しかし工事の駆け出しは遅く、当初の工事は入間川駅から市街地へ至る道路の開設や道路拡張など一部に留まった。 ...
  • こうなっては入間川駅や青梅駅まで当馬車鉄道で2時間以上もかけて出て、そこからさらに乗り換えるというのは非効率の極みである。 ...
  • なお、入間川町の市街地では同じ入間川駅前を起点とする入間馬車鉄道と線路を共用していた。 ...
  • なお、入間川町の市街地では同じ入間川駅前を起点とする中武馬車鉄道と線路を共用していた。 ...
  • 客車は定員12名で、同じ入間川駅を起点とする入間馬車鉄道に比べて若干小さめであった。 ...
  • おりしも川越鉄道線が通過する入間川町では、地元の政治家・実業家である清水宗徳が、後に入間馬車鉄道となる入間川 - 飯能間の馬車鉄道の免許を取得していたこともあり、それに続く形で川越鉄道線と青梅鉄道線を結ぶ都市連絡線として、入間川駅と青梅中心部を結ぶ鉄道が計画されたのである。 ...
  • こうして入間川駅から入間川町中心部を経て、水富・元加治・精明の各村を通過して飯能町へ至る路線が策定され、清水ら個人経営の馬車鉄道として特許出願が行われたのである。 ...
  • 本社は入間川駅前、現在西友狭山市駅前店のある場所に存在していたが、入間川側には「馬匹夫」と呼ばれる馬の世話係が常駐するのみで、運行拠点は飯能側に置かれ、乗務員の社宅も飯能停留所そばに長屋で設けられていた。 ...
  • 清水たちはさっそく工事に取りかかったものの、一方で北海道の開拓事業も行っていたためこちらに全力を注げず、入間川駅西口から高台を北側へ回る「馬車新道」の開削と道路拡張をしたのみで、肝腎の敷設の方にはなかなか漕ぎ着けられずにいた。 ...
  • 川越鉄道の入間川駅の西口から続く台地の北麓を回り込むように走ったのち、鍵の手形の路線で入間川町の中心街を経て入間川を渡り、県道262号線・国道299号線をひたすら西進して飯能町の中心部に至っていた。 ...
  • 川越鉄道の入間川駅の西口から北側へ回り込むように走ったのち、入間川町の中心街を経て直進、国道16号線の旧道と埼玉県・東京都道63号を通って青梅町の中心部まで至っていた。 ...
  • また南北にしか走っていない川越鉄道の恩恵を周辺地域にも広めるため、地元の上広瀬にほど近い川越鉄道入間川駅から水富村・元加治村・精明村を経て飯能町に至る馬車鉄道を計画し、1894年に特許を取得している。 ...
  • こうして1899年10月19日、入間川駅から入間川町中心部を経て、豊岡町・東金子村・金子村、府県境を越えて霞村を通り、青梅町の中心部に至る路線が計画され、「中武馬車鉄道」として特許出願が行われることになった。 ...
  • 最寄の西武新宿線狭山市駅の旧称も「入間川駅」であった。 ...