入線

全て 名詞
1,946 の用例 (0.01 秒)
  • 車両数が少ないこともあり、2013年現在空港線への入線経験はない。
  • これ以外にも三河線には車両が不足したときに入線したことが何度かある。
  • また、朝・夜及び日中の一部運用で急行で名古屋線に入線することもある。
  • まだ次の車輛は入線しておらず、人々がまばらな行列をつくって待っていた。 夏樹静子『アリバイの彼方に』より引用
  • 待避線は旅客用としては予備ホーム扱いであるが、貨物列車が入線する。
  • 事務室に駅管理表示器があり、列車の入線状況等を把握することができる。
  • しかしゴール入線後に馬が故障し、愛馬のいない中での表彰式となった。
  • 本線上にホームは設置されておらず、通過列車は当駅のホームには入線しない。
  • ホームは6連まで入線可能だが、現在は4連の列車しか運行されていない。
  • これにより一部相互発着という手法で列車を入線・出発させている。
  • 欧州では上位入線馬の着順が変わる可能性のあるときだけ審議の表示が出される。
  • 新岸線は台鉄の貨物列車の入線が岸内まで認められていた。
  • このため、ホームドアに対応できない800形の入線は不可能である。
  • これは、車両運用の都合でワンマン運転対応の車両が入線しても同様だった。
  • 双方のホームともに列車入線時・発車時には注意アナウンスが流れる。
  • 改札前の1番乗り場は上り方面にしか出発信号がなく下り列車は入線しない。
  • また、最後の新型車両150型の入線もここの引き込み線から行われた。
  • 東武鉄道の車両は西武線への入線に対応していないため、乗り入れない。
  • 阿波電気軌道へは1923年製の1両が入線し、5形として使用された。
  • その後のシーズンは1勝もできなかったが、常に上位入線する活躍を見せた。
  • 次へ »