入社

全て 名詞
6,835 の用例 (0.01 秒)
  • そもそも、今日の入社式になぜ参加できたのかがわからないじゃないか。 清水義範『いい奴じゃん』より引用
  • 地上勤務とはいえ、何十倍かの競争で入社し、希望を持って働いていた。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 入社して二年目の冬が訪れたとき、彼はついに会社を辞めようと思った。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 吉野さんは入社されたときに、将来社長になることを想像されましたか。 城山三郎『勝 つ 経 営』より引用
  • そんなこと言われても、入社一ヶ月目の新人になにがわかると言うのだ。 近藤史恵『天使はモップを持って』より引用
  • ご両親から依頼されたものですから、入社のお世話をしたわけなんです。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • 入社して彼に与えられた仕事は差当って書物を読みあさることだけだった。 原民喜『美しき死の岸に』より引用
  • まだ彼女が入社して間もない頃、初めて担当した作家が私だったのだ。 林真理子『ピンクのチョコレート』より引用
  • 思えば、入社の日から今日を目標にして歩いて来たようなものである。 源氏鶏太『停年退職』より引用
  • 東景ハウスに入社して以来このような余裕のある時間はなかったのだ。 峰隆一郎『新潟発「あさひ」複層の殺意』より引用
  • 伊駒和彦といって、入社早々から仕事の面倒をみてくれている人だった。 阿刀田高『空想列車(上)』より引用
  • 名前を石川と言い、入社三年目で月刊誌近代建築の編集部員をしている。 半村良『石の血脈』より引用
  • というより、もともとそういう仕事を前提に入社したというのが正しい。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • 大新聞の入社試験を二つ三つ受けましたが、どこもみんな落ちました。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 入社は四年まえで最初経理部にいたが、本人の希望で営業部へ移ってきた。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • つまり、そのおかげで鮎太と大道寺は名の通った企業に入社できたのだ。 清水義範『いい奴じゃん』より引用
  • 入社から五カ月たったというのに、彼は見事なくらい変わらなかった。 藤堂志津子『恋人たちの憂鬱』より引用
  • 大学を卒業してこの梶原物産に入社し、そのまま営業を九年やっている。 夢枕獏『悪夢喰らい』より引用
  • 今にして思えば、張り切っていたのは入社式の日くらいのものだった。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • この佐川は夫と同じ年に入社したのだが、すでに係長待遇になっていた。 筒井康隆『『筒井康隆100円文庫全セット』』より引用
  • 次へ »