入江

全て 名詞
3,951 の用例 (0.02 秒)
  • しばらくは入江の言う通りにお薬を飲んだりして静養するといいのです。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 09 贄殺し編』より引用
  • 浜で入江を見ていた時とはまるで違った、生きている海がそこにあった。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 隠れていた入江先生ともうひとりの少年も彼らに保護されたそうだよ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • だが、入江はその先に何を続けるつもりだったのか、想像はついていた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • 高さ百メートルの海の入江に架けた長さ六百メートルの橋を考えて見ろ。 クロポトキン・ピョートル・アレクセーヴィチ『革命の研究』より引用
  • 正面に見える海岸線は、小さな入江や湾が切れこんでいて不規則だった。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用
  • この島の入江の洞穴の中に船を入れるだけの広さがあることを知っていた。 海野十三『恐竜島』より引用
  • いま別れてきたばかりの入江泰吉さんがあそこに立っている、と思った。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(1)』より引用
  • われわれのきれいな湖が、その小さな湾や入江をすっかり見せていた。 三宅幾三郎『ワンダ・ブック——少年・少女のために——』より引用
  • 入江町を南へぬけて右へ切れて、二番目の四つ辻の左右が三ツ目の通り。 子母沢寛『父子鷹 上巻』より引用
  • お前の命を入江の手から守ってやるために、ここに連れてきたんだ。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • ついさっきも、富竹と入江がそんなやり取りをしていたように思うから。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • そうして、神主と奥さんは入江先生たちと一緒に診療所へ向っていった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • 私が障子の外へ出て見た時女は座敷を出て勾欄に近く入江を見て立つて居た。 長塚節『隣室の客』より引用
  • 長屋の方の道から横川へむかっていて入江町の前でわからなくなった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 13 鬼の面』より引用
  • 先に、萩に戻って、松陰と行を共にしようとした入江杉蔵も逮捕された。 西村京太郎『天下を狙う』より引用
  • それはまるで私が故郷の黒丘ブラック・ヒル入江の岩のあたりでよくやったような遊び事であった。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • 船がこの陰気な小さい入江にはいると、不思議に風がなくなってしまった。 大阪圭吉『死の快走船』より引用
  • だが、入江は単なる村医者に過ぎず、どちらかというと駒に過ぎない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編かけら&TIPS』より引用
  • 浴場の下はがけになって海に続き、その海は入江にでもなっているのだろうか。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • 次へ »

入江 で始まる単語