入札課員

5 の用例 (0.00 秒)
  • 建設会社の入札課員や営業マンの仕事は、官公庁への挨拶と名刺配りからはじまる。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • 若い入札課員が歯切れの悪い応対をしているうちに、斎藤という営業部長がかわって、電話口に出た。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • だから、営業マンや入札課員は、若い頃、名刺配りとか、廊下トンビとかいわれる。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • むろん、社長や専務、常務を中心としているから、それはそのまま、地位を形容する場合もあるが、しかし、なかには廊下トンビや資料集めなどをやる若手入札課員も出入りするから、必ずしも肩書きの上下のことではなく、「最上階組」といった意味あいである。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用
  • 建設会社の営業マンや入札課員は、それらの国の官庁や都道府県の官庁、その中でも道路建設、道路維持、河川、砂防、下水道、都市計画、住宅など、各局各課ごとに毎日のようにこまめに回って、挨拶あいさつしたり、名刺を置いていったりする。 南里征典『麻布憂愁夫人』より引用