入札方式

14 の用例 (0.00 秒)
  • 通常は競争入札方式による調達のため価格はその時によって変わる。
  • 次の2つの要件が数学的に保証されるとき、電子入札方式は安全であるという。
  • 事業者の選定は総合評価一般競争入札方式か公募型プロポーザル方式を用いて行われる。
  • 従来型の入札方式は、たった一回の入札で仕事を発注する仕組み。
  • 日本国債は入札方式により銀行・証券会社・生損保等の金融機関が購入し、これがその他の機関投資家や個人に販売される。
  • 電子入札方式においても、入札者のプライバシーを保証するため、匿名性が要求される。
  • 業務委託先を決める際には、業務遂行に要する価格の安い方を提示した者を選定する競争入札方式が用いられることが多い。
  • しかし、分割民営化後は民間企業の元、このような発注方法は行われなくなり、入札方式により最も安い価格を提示したメーカーに発注する方法に代わられた。
  • 入手手段は「戦国くじ」と呼ばれるバーチャルなくじを引くか、ゲーム内の取引システムを使って他のプレイヤーが出品したカードを入札方式で落札するかの2通りである。
  • 「発注方式」は、一般的な言葉ではあるが、日本CM協会では、入札方式、契約方式、プロジェクト実施方式の組合わせからなるものとして定義し、共通の理解のベースとしている。
  • EU、米国、韓国などの諸外国では、「競り下げ」という入札方式を用いることで、行政コストを劇的に削減することに成功している。
  • 勝浦漁港で行われる競りは、入札方式で行われる。
  • トレードは封印入札方式で行われる。
  • それらの諸外国では、競り下げ方式を「リバースオークション」といい、一発入札方式から複数回入札方式に変えることで、「お役所価格」を一般企業並みの「民間価格」へ競り下げて大幅な歳出削減を行い、増税額を抑制したり、回避できたりしている。