入札妨害

16 の用例 (0.00 秒)
  • 元秘書が競争入札妨害罪及び収賄罪の疑いで逮捕された。
  • 県自治功労に浴するも、2001年1月、競売入札妨害事件で辞職した。
  • 代表監査委員が山形県警から逮捕され、競争入札妨害幇助で起訴されるに至った。
  • しかしその後、事実上の軍政が敷かれるようになると、2007年1月に予定されていた総選挙が非常事態宣言で中止に追い込まれ、同年9月3日には収賄・入札妨害等の罪で次男と共に逮捕される。
  • この官製談合疑惑では、成田国際空港の社員2人が競売入札妨害の疑いで逮捕されるなど、一連の談合疑惑は官製談合事件へと発展しており、日本の空の玄関でこのような事件が起きたことに対し、非難の声が上がっている。
  • 入札は官公庁の発注工事などで見積最低価格の業者に発注するべく行われるものであるが、指名された業者が示し合わせ、特定の業者を受注させるべく談合し、それ以外の業者が特定の業者の価格を上回る札を入れる行為が入札妨害の談合といわれる。
  • 東国原の前任者で、競売入札妨害容疑によって逮捕された安藤忠恕の政治団体に寄付していた県建設業政治連盟も、東国原のパーティ券を購入していた。
  • 伊藤市政下では、原爆落下中心碑の撤去をめぐる問題や、市が発注した公共工事に関する入札妨害事件、前年から長崎県下の各自治体で問題化し、長崎市においても存在が明らかになった不正経理処理による「裏金」問題等が指摘されてはいた。
  • 県議会議員失職の原因となった競売入札妨害事件は、後に宮城県庁を舞台とした官製談合の闇を世に知らしめる一端となった。
  • 週刊ポストに、2004年、入札妨害により有罪判決を受けた業者を通じてゼネコンに販売した政治資金パーティー券の代金200万円を政治資金収支報告書に記載しておらず、判明後に返金した、と報道された。
  • この件において山口は、1998年12月25日に敗訴してしまうが、これに関連して同町長は、2期目途中の2002年、業者に入札情報を漏らす競売入札妨害と加重収賄罪に問われて辞職、有罪判決を受けることになった。
  • とりわけ1981年の北九州土地転がし事件、2001年に表面化したモード・アバンセ事件、2006年に発覚した飛鳥会事件や奈良市部落解放同盟員給与不正受給事件、八尾市入札妨害恐喝事件など、運動団体の幹部と行政の癒着が報道されている。
  • しかし、2006年10月に和歌山県発注の国道371号線トンネル工事をめぐる談合事件で、側近の出納長や親友の元ゴルフ場経営者が競売入札妨害容疑で逮捕されるなど、官製談合への自身の関与が取り沙汰された。
  • 各県とも知事が特定業者に落札させる入札妨害を行い、10月に福島県:佐藤栄佐久、11月に和歌山県:木村良樹、12月に宮崎県:安藤忠恕と、3か月の間に3人の知事が逮捕されるという異例の事態となった。
  • 後援会統括事務局長に対しては事前収賄罪と競売入札妨害罪で懲役1年の実刑、元測量設計会社社長に対しては贈賄罪と競売入札妨害罪で懲役3年執行猶予4年、元出納長に対しては競売入札妨害罪で懲役1年執行猶予4年の有罪判決がそれぞれ確定した。
  • 最終的には安藤元知事、元出納長、後援会統括事務局長、測量設計会社社長の4人が事前収賄事件、第三者供賄事件、競売入札妨害事件に絡んで起訴された。

入札妨害 の使われ方