入札参加

37 の用例 (0.01 秒)
  • また、入札参加資格申請においても主観点の加点評価項目となる場合がある。
  • 入札参加を拒否された業者は、異議申し立てを行うことが出来る。
  • 入札説明書に記載された要領に則り、入札参加資格確認申請書類を提出する。
  • また、官公庁や自治体などの入札参加条件にプライバシーマークの認定を条件としているところも多くなっている。
  • 庁舎の清掃・管理業務の入札参加資格において、この登録が要件となっている場合が多い。
  • 以上の審査結果に基づいて、申込者に対して、入札参加の可否を通知する。
  • 地方公共団体などでは入札参加資格で「Pマークの認定を受けていること」と要請される場合もあるので、その資格要件ともなり得る。
  • 林野庁はじめとする林業や林業土木における入札参加資格等においては評価される資格である。
  • 公務の執行を妨害する危険のあるような談合であれば成立し、入札参加者の一部の者によって行われようと全部の者によって行われようと談合罪を構成する。
  • 認定個人情報保護団体のJIPDECが、対象事業者以外の者を独自に認定することで、一般人が認定個人情報保護団体の対象事業者でない事業者に過大な評価をしてしまう怖れがあり、一部の自治体などが入札参加条件にプライバシーマークの認定を条件としていることは、誤解が発現したものであるといえる。
  • 林野庁は6月25日、国有林の公売などの入札参加資格を7カ月間停止する処分をした。
  • 入札参加資格確認申請書類に技術資料が含まれる場合は、この時に、事前に決めた配点基準に従って技術資料を審査し、評価点を決定する。
  • また、保証事業会社は、公共工事の入札参加時に必要な入札保証、請負契約締結時に必要な履行保証も行っている。
  • 申請書の提出期限の後、再び、審査会を開いて入札参加資格確認申請書類を審査する。
  • 申請書の提出期限の後、再度審査会を開いて入札参加資格確認申請書類を審査する。
  • 現在この資格は、環境省の入札参加資格審査申請における有資格者に指定されている他、国土交通省などの各地の行政機関での入札要件になっていたりと重要な資格となりつつある。
  • 電子入札とは、官公庁の入札担当部局と各入札参加業者とをネットワークで結び、一連の入札事務をそのネットワーク経由で行う方法である。
  • 第2回の入札公告も行われたが、2011年1月24日の締め切りまでに入札参加者はなかった。
  • 不動産競売に関しては、入札参加の規定に、暴力団など反社会的団体を排除する規定が盛り込まれていない。
  • また、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」の施行により、総合評価落札方式における配置技術者の能力評価項目に採用したり、一般競争入札の入札参加条件に舗装施工管理技術者の現場専任を求めるなど、より舗装に特化した技術者の配置が求められている。
  • 次へ »

入札参加 の使われ方