入札制度

29 の用例 (0.00 秒)
  • この入札制度の導入により、年間1350万ユーロの補助金を削減した。
  • 商業的側面から本作で特に特筆すべき点は、日本のテレビ番組で初めて商品化権の入札制度を導入したことである。
  • 市場化テストとは、公共サービスを国民に提供する主体として、官と民のどちらがより国民の期待に応えられるのかということを国民に判断してもらうために行われる、官民競争入札制度のことを言う。
  • 小委員会では、国民負担の抑制策の一つに、スペイン、ドイツが採用している入札制度の導入が提議された。
  • それに伴い過疎地域の指定も解除され、1990年代に入ってからは上記の入札制度改革が行われたこともあり町財政の健全化が進んだ。
  • 横浜市営バスでは2004年の入札制度導入まで各営業所ごとに導入車両メーカーの指定があり、緑営業所は三菱ふそう製車両の配置が慣例となっていた。
  • 横浜市営バスでは2004年の入札制度導入まで各営業所ごとに導入車両のメーカーが指定されており、若葉台営業所は三菱ふそうを指定していた。
  • 横浜市営バスでは2004年の入札制度導入まで各営業所ごとに導入車両メーカーの指定があり、鶴見営業所はいすゞ自動車製車両の配置が慣例となっていた。
  • 横浜市営バスでは2004年の入札制度導入まで各営業所ごとに導入車両メーカーの指定があり、港北営業所はいすゞ自動車製車両の配置が慣例となっていた。
  • しかし入札制度の改革により、2001年度より東部地区・西部地区ごと、さらに2008年度からは直営・委託ごとの入札に改められたため、これまでの営業所ごとに特定メーカーから固定的に購入していた時とは異なり他メーカーの車輌が導入されるようになった為、車両だけでは所属営業所を判断できなくなった。
  • 横浜市営バスでは2004年の入札制度導入まで各営業所ごとに導入車両メーカーの指定があり、滝頭営業所は日産ディーゼル工業製車両の配置が慣例となっていた。
  • 一方公共工事において、入札制度の改革の議論が同時期に行われており、1992年の中央建設業審議会の答申では、新しい発注方式の一つとして建設工事の総合管理方式を検討することが提言されている。
  • 横浜市営バスで2004年に入札制度が導入されるまでは日野自動車製の車両に統一されていたが、一時期は日産ディーゼル製の車両や、過去には三菱ふそう車が配置されていた時期があった。
  • 以前は所属車両の多くが三菱ふそうトラック・バス製の車両であり、2004年の入札制度導入前は本牧営業所は三菱ふそうを導入メーカーに指定し、かつ標準尺車を選択していたが、入札制度導入以降は全メーカーが配置されるようになり車種構成も大幅に変化が見られる。
  • 江戸時代の入札制度は、複数の業者が競い合い見積もり金額の一番安い業者が工事を落札する方式をとっている。
  • 現在も三菱ふそう製車両が在籍しているが、入札制度の影響によりいすゞ自動車製や日野自動車製車両が占める割合が高くなっている。
  • 入札制度導入以後の新製配置や新たにCNG充填施設の運用が開始された浅間町営業所との大規模な車両転配置を経て、現在は日産ディーゼル・日野自動車・いすゞ自動車・三菱ふそうトラック・バスの全4メーカー製の車両が在籍している。
  • 北海道新聞の報道によれば、この職員は入札制度改革をめぐり「質問させてもらわんとあかんな」と市側に圧力をかけ、実施を延期させていた。
  • 入札制度導入以前は日産ディーゼル製の標準尺車を主に導入していたが、入札制度導入後は、他営業所との転出入や車両代替によって日野車や三菱ふそう車の短尺車も当営業所に導入されている。
  • 開発前は沼地・雑木林・山林・農地であり、入札制度で落札されていたために無断で立ち入りが不可能であった。
  • 次へ »