入札公告

7 の用例 (0.00 秒)
  • 入札公告時にホール機能の存続を付帯条件とした事例は現時点で本施設のみとなっている。
  • 入札公告時に予定価格に応じて契約の等級が決定され、それと同じ等級で登録されていなければ、入札に参加できない。
  • 公告を見て応募する場合は、まず、入札公告に記載された方法で入札説明書その他の資料を入手する必要がある。
  • 民主党政権が誕生し、本堤の工事はもちろんのこと橋についても建設の可否が不透明な状態となったが、2009年12月1日、群馬県県特定ダム対策課は橋脚の入札公告を出し、県として事業を継続する姿勢を示した。
  • しかし同月21日には、安倍政権はこの反基地建設の名護市長選挙の結果を顧みずトップダウンで辺野古基地建設の事業者である沖縄防衛局を通して、2015年春の同基地建設作業着工を目指して入札公告を発布した。
  • これを受け、2008年8月からRFOが行っている入札公告では、入札の条件として「売却物件の引渡しの日から5年間、売却物件内のホールが提供して来た機能を維持・提供すること」を掲げていた。
  • 本館と別館についてそれぞれ2009年12月1日に入札公告が出され、2010年2月12日に入札が行われ、本館はヨドバシカメラが120億円で、別館は伸和技研が4億750万円で落札した。