入札価格

29 の用例 (0.00 秒)
  • 市が拒否すれば、最低入札価格を引き下げて再度入札を行うことにした。
  • 三井の入札価格四百五十五万五千円の中身は、あなたの鉱山技師としての価値も含めたものなのです。 小堺昭三『明治の怪物経営者たち(3)』より引用
  • この調査を低入札価格調査と言う。
  • ただ、会社側で、最低入札価格を一千クレジットとしていることだけは申し上げておきます。 ハインライン『地球の緑の丘』より引用
  • 総合評価方式では入札価格だけでなく、総合的に最も「社会的要請を満足出来る」業者を選定できる方式として、改良を続けながらではあるが、現在最も一般的な落札方式の一つになっている。
  • 応札した企業はMKグループの大阪エムケイ1社のみで、入札価格は100億円であった。
  • しかし、前述のように予定価格は元々市場調査により得られた価格を基準として算出されており、実際の入札価格とは本来はさほど乖離が見られない性格のものであり、落札率が高いことが公共調達価格の不適切につながるとは一概にいえないのではないかとの反論がなされることがある。
  • 近年の公共事業・公共調達に関して、入札価格が高止まり傾向にあり、税金の無駄遣いにつながっていないかとの批判が見られることがある。
  • そこから、さらに他社が入札価格を何度も下げることができるため、限界までのコスト改善効果が見込める。
  • 最低入札価格は100億円に設定された。
  • また、落札率が低下すると、低い入札価格がそのまま予定価格の価格調査対象になり、予定価格そのものが低落するため、結果的に落札率が大きく下がりにくくなるとともに、市場価格を市場原理以上に低下させているとの指摘もある。
  • 石建米商も先物取引の一種であるが、限月を2ヶ月のちに1ヶ月に限定し、限月における決算価格を堂島にある4つの蔵の3日間の正米平均入札価格とした。
  • その結果、入札価格がもっとも安かった大新東が落札した。
  • また、公共事業などにおける競争入札の際、複数の入札参加者が前もって相談し入札価格や落札者などを協定しておく談合と呼ばれる商慣習も、今日では企業間の自由な競争を阻害するカルテルの一種として扱われる。
  • 応札額は最低入札価格の100億円であった。
  • この入札は沖縄内ばかりでなく本土の業者や海外の業者も参加したが、國場組としては採算性に多少目を瞑ってでもこのプロジェクトを受注して名を挙げることとし、ギリギリの採算ラインとして1114万5600ドルの入札価格を弾き出した。
  • これは、多くの調査は、入札により業者が選定されるが、入札価格が試算の1/10という場合もあり、議会で審議される案件が増えてきているためである。
  • しかしそのうちの1グループは入札価格が予定価格を上回ったため、審査の結果、2008年4月、東洋建設を代表とする東洋グループを落札者とすることが決定された。
  • 鈴木宗男は検察の本格的捜査が始まる前の証人喚問で「秘書から、『日程をセットして事務所で会った』と聞いた」旨の証言をしたが、後の裁判では前述の証言について一切言及しないまま秘書は「釧路市の事務所で入札価格を漏洩したとされる日は療養中だった」とアリバイを主張し、鈴木宗男も書籍等で同様の主張をした。
  • また、入札の際に信用度等が重視されるが故に価格のみの競争が起こりにくくなり、参加業者が少数になるために談合が起こりやすく入札価格が高止まりしやすい、官製談合の温床となっているとの指摘もある。
  • 次へ »

入札価格 の使われ方