入力電圧

65 の用例 (0.00 秒)
  • この場合は入力電圧を超えた時点のカウンタ値を採用すればよい。
  • 入力電圧源とベースの間に抵抗器を接続したエミッタ接地回路で構成される。
  • 以上より入出力間の関係は またオペアンプの入力電圧は となる。
  • これにより入力電圧と基準電圧の比を、時間の比として計測できる。
  • これは入力電圧と出力電圧の関係をグラフにしたものである。
  • 正弦波定常状態は、入力電圧が純粋な正弦波であるような特殊ケースを意味する。
  • そのため、変換が完了するまでの一定時間だけ入力電圧を固定する回路が必要となる。
  • 入力電圧が正の場合にのみ、入力電圧の振幅に比例した出力電圧が得られる。
  • 従って、入力電圧の微妙な変化が出力にも現れる。
  • また、遮断周波数の信号を入力したとき、出力電圧は入力電圧の半分になる。
  • 交流入力電圧波形に合わせた電流入力波形にし、力率改善するため用いられる。
  • アナログ処理では、多少入力電圧が規定より超過しても影響がないか、わずかな影響で済む場合もある。
  • プルダウン抵抗は、入力電圧が制御されているためCMOS論理ゲートで使っても安全である。
  • エミッタが入力電圧に追随することから、エミッタフォロワとも呼ばれる。
  • この回路は入力電圧の変動に左右されず、トランジスタは常に線形領域で動作する。
  • 入力電圧が常にグラウンド付近にあるため非反転増幅回路よりも特性が安定する。
  • このエネルギー伝達比によって入力電圧と出力電圧の比率が決まる。
  • のこぎり波を常時発生させておき、入力電圧と比較する。
  • 入力電圧が低い場合または入力電圧が高い場合、差動増幅回路が駆動される。
  • のこぎり波の代わりに、必要な精度のDA変換器とカウンタにより生成した階段状波形と入力電圧とを比較する場合もある。
  • 次へ »