入力文字列

41 の用例 (0.00 秒)
  • 最初に入力文字列中にあるすべての基本文字を、基本文字以外の文字は飛ばす。
  • ただし、行列のサイズは入力文字列の長さに対して指数的に増加する。
  • 一方、受容状態以外で終了した場合、その入力文字列は拒否されたと判断される。
  • 入力文字列は正規表現による文法で定義された意味のあるシンボルに分割される。
  • この例では、入力文字列が受容され、以下の規則が順に適用されたことが出力される。
  • この規則は構文解析器が入力文字列を受容した際に適用される。
  • その際にバッカス・ナウア記法の生成規則と入力文字列のマッチングを行う。
  • 一方、入力文字列のほとんどがではない場合は、を使用してもそのまま読むことはできず、サイズ効率も非常に悪い。
  • トークン化とは、境界を設定し、場合によっては入力文字列の一部を分類する過程である。
  • 入力文字列のほとんどが文字である場合は、で符号化した結果をほとんどそのまま読むことができ、データサイズも小さくなる。
  • 入力文字列がその形式言語に含まれるかどうかという質問は、この場合、その数が素数であるかを問うのと同じことである。
  • 入力が終了したときの状態を見れば、入力文字列に偶数個の 0 が含まれていたか否かがわかる。
  • 構文解析では、文法規則毎にそれを入力文字列に適用する小さなプログラムが存在する。
  • こちらも入力文字列は消費しない。
  • さもなくば、その入力文字列は拒否されたと見なされる。
  • もしそれができなかったのなら、入力文字列はこの文法に適合しないエラーということが分かる。
  • この一連の処理が完了すると、入力文字列全体を含む記号の並びが開始記号から生成されるかどうかが判定できる。
  • 入力文字列からシンボルを順次読み出し、その後もシンボル単位で処理を行う。
  • チューリングマシン M が入力文字列wについて停止するかどうかという問題を Hと表記する。
  • この場合、入力文字列群を多数の小さな部分に分割し、それらに対してハッシュ関数を適用して上述してきたような技法で同じ部分や類似の部分を探す。
  • 次へ »