入力信号の周波数

8 の用例 (0.00 秒)
  • DT信号が元の信号を正確に表現するには、入力信号の周波数の範囲を制限することが非常に重要である。
  • もし信号が周期的であれば、時間軸を入力信号の周波数に合わせて設定すればほぼ固定したトレースが得られる。
  • ムーアは入力信号の周波数を容易に変更できる回路を組み立てた。
  • 不幸にもオシロスコープの時間軸が完全に正確ではなく、入力信号の周波数が完全に固定でなければ、トレースは浮動し、測定することが困難になる。
  • 通常、周波数の差である低い周波数のほうを出力として利用し、これを入力信号の周波数の変換とみて、周波数変換と言う。
  • 知覚符号化では、入力信号の周波数成分の分析を行い聴覚心理学上の特性から最小可聴値やマスキングの影響を計算する。
  • サブバンド符号化()は、入力信号の周波数領域へマッピングに複数のバンドパスフィルタを利用する方式である。
  • 信号がLTIシステムに入力されたとき、その出力信号の周波数スペクトルは、入力信号の周波数スペクトルとシステムの周波数応答によって決定される。