入力信号

227 の用例 (0.01 秒)
  • フレーム分割では入力信号を基本的な処理単位であるフレームに分割する。
  • 入力信号と出力信号の関係を定義する差分方程式は以下のようになる。
  • フリップフロップは制御信号により現在の入力信号の保持を行うものである。
  • 入力信号が低いしきい値と高いしきい値の間にあるときは直前の出力電位を保持する。
  • 時間領域と空間領域で共通する処理手法はフィルタリングによる入力信号の強化である。
  • 入力信号を受信機内部で生成した信号と混合し、和と差の周波数を生成する。
  • 例えば、入力信号 xにおいて、その添え字集合が実数線であるとする。
  • すなわち、入力信号の変化するとすぐに出力信号が変化する。
  • その場合、一方の入力を入力信号に使い、もう一方を帰還信号に使う。
  • 順序回路は過去の内部状態と取得時の入力信号とで出力が決まる回路である。
  • 入力信号に比例したエネルギーを、外部エネルギー源から取り出しているにすぎない。
  • 入力信号が強くなるほど、増幅率が一定の比率で低くなる電子回路を用いる。
  • LTIシステム理論に任意の入力信号を与えたときの応答を求める理論である。
  • 電子回路を一般化して考えると、いくつかの入力信号線に応じた出力信号を生成する装置ということができる。
  • 数ヶ月かけて全方向からの入力信号を記録した後に、彼は3種類の電波雑音を確認した。
  • 位相は入力信号のものを最適な推定値としてそのまま利用する。
  • 出力信号の一部を入力に戻し、入力信号と同位相で合成するものを正帰還と呼ぶ。
  • つまり、入力信号と現在状態とスタックのトップにある文字から遷移先を選択する。
  • まず、入力信号と出力信号の関係を定義した差分方程式を考える。
  • DT信号が元の信号を正確に表現するには、入力信号の周波数の範囲を制限することが非常に重要である。
  • 次へ »