入力データ

103 の用例 (0.00 秒)
  • 本ゲームではキー入力データ同期方式と呼ばれる通信方式を用いている。
  • 機械がまったく新しい入力データを受けいれることを可能にするのだ。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • この方法で用いられる入力データはある範囲のタクソンの形質である。
  • メモリ使用量は、入力データの格納域以外に必要となる領域を示している。
  • 出力層に対して入力データの空間を入力層と呼ぶこともある。
  • 入力データが正しいと信用されたとしても、設計自体の正しさも検証が必要である。
  • 原因が、例えば入力データなど、システムの外部に在ることもある。
  • プログラムを次のような入力データから出力データへの写像 prog とする。
  • 用途によっては、入力データに比較目的には不適切な特徴が含まれていることがある。
  • つまり、典型的な入力データとその際の既知の出力結果を与える。
  • 暗号化アルゴリズムの入力データを意味する平文とは意味に違いがある用語である。
  • 入力データが事前に用意され、コンピュータがそれを使って計算を行い、結果を出力する。
  • 言語仕様とプログラムとその入力データの組合せで、そのプログラムを実行したときの結果が完全に指定できなければならない。
  • すなわち、各 VI を実行するために必要な入力データがそろった時点で実行される。
  • 一般化すれば、共有データを使わず、入力データに基づいて出力データを生成する関数である。
  • アルゴリズムの実行によって、入力データ構造が出力データ構造で上書きされることが多い。
  • マイクロプログラムが完成してテストされた後、これを論理回路生成プログラムの入力データとして使用する場合もある。
  • 同様に固定長の数値型を持つ言語における整数の桁あふれのような問題は、通常の入力データに存在しないような例外的な場合にのみ発生するため無視されることが多い。
  • アドレスとは入力データの行を指定するもので、行番号または正規表現パターンのことである。
  • 広告はGPRSデータ接続を経由してダウンロードされ、その機体での入力データを分析して最適と思われる広告が表示される。
  • 次へ »

入力データ の使われ方