入力インピーダンス

33 の用例 (0.00 秒)
  • 位相や入力インピーダンスが問題にならない場合に用いられる事が多い。
  • これは、入力インピーダンスと出力インピーダンスが異なるためである。
  • このような参照電圧は、オペアンプなどの高入力インピーダンスの機器で使われる。
  • この構成では電源がいらずに構造がシンプルであることが特徴だが、入力インピーダンスをある程度以上に高くできないという難点があった。
  • このため出力側の出力インピーダンスは十分に低くし、入力側の入力インピーダンスは十分に高くするということがよくおこなわれる。
  • 前段の機器からの出力の出力インピーダンスと、後段の機器への入力の入力インピーダンスは一致させるのが基本である。
  • 後に入力インピーダンスを高くするために入力段にFETなどを使ったアンプを組み込んだ機種が一般的になり、現在ではこのタイプが主流である。
  • 負性抵抗とは、入力インピーダンスを見た際に掛けた電圧に対して 抵抗値が見掛け上マイナスになるような回路ブロックを指す。
  • 回路に電流計や電圧計を接続して、ある点を流れる電流やある二点間の電位差を測定しようとする場合、測定機器の持つ内部抵抗あるいは入力インピーダンスが問題となる場合がある。
  • 入力インピーダンスとは、ある電気回路や電子機器の、入力側から見たインピーダンスである。
  • アンテナは一般に給電する高周波の周波数に対して入力インピーダンスが変化する。
  • 自己補対アンテナは、使用周波数およびその形状に無関係に入力インピーダンスが一定である。
  • 入力インピーダンスが高く、前置される回路の負荷とならない。
  • このことから高い入力インピーダンスとし、微弱な電力で音を発生させることができるため、初期の鉱石ラジオなどでは必須のイヤホンであった。
  • この式から明らかなように、無限長バイコニカル・アンテナの入力インピーダンスは周波数に関係なく、円錐の開き角のみで決定される。
  • 入力インピーダンスが高く、出力インピーダンスも比較的高い。
  • このとき、入力インピーダンス特性は周波数の比で 8 倍以上の超広帯域特性となる。
  • この時オペアンプの入力インピーダンスは十分に大きく入力電流は無視し、 出力インピーダンスは十分小さいとすると、以下の式が成り立つ。
  • 実用的には右のようにするが、入力インピーダンスがバイアス抵抗の値にまで下がってしまう、コンデンサによりハイパスフィルタが構成されるという副作用がある。
  • TTLに比べて入力インピーダンスが非常に高いため、入力端子に静電気が蓄積しやすい。
  • 次へ »