入力すること

452 の用例 (0.00 秒)
  • 近刺激は感覚受容器に入力することで、遠刺激の情報を感覚系に与える。
  • 名前を入力することによって、その人の一か月分の計画が表示される。
  • これらの方式を使えば、日本語も快適に入力することができるとされる。
  • コマンドを入力することで序盤から必殺技を使用することが可能となる。
  • 次にベースの文字を入力することで最終的な文字が表示される。
  • ICカード記載のコードを入力することで登録でき、以下のことができる。
  • 図書カードの番号を入力することで、現在借りている本などの確認が出来る。
  • マイナスの記号を入力することはできるが、それらは基本的に無視される。
  • 尚、特定のパスワードを入力することで同キャラで対戦することもできる。
  • メロディーのデータと歌詞を入力することで歌声を合成することができる。
  • いずれの方式においても、常に二打鍵で入力することを保証しているわけではない。
  • タイトル画面で隠しコマンドを入力することで使用可能になる。
  • 後には、プロのプレイした棋譜を入力することで評価関数の再評価を行った。
  • 接続時にセンター番号入力することにより、センター番号で指定された情報センターに接続していた。
  • 馬カードを購入し、馬カードに書かれているコードを公式サイトから入力することで選手を登録できる。
  • 乱馬以外のキャラクターは通常は選択できないが、選択画面で裏技を入力することで乱馬以外も選択可能になる。
  • 直美は一通りチェックを終えた分まで、フライデイに入力することにした。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • また、別のコマンドを入力することによってレッドアイが使用可能になる。
  • 選手カードを購入し、選手カードに書かれているコードを公式サイトから入力することで選手を登録できる。
  • 格闘ゲームはコマンドを非常にタイミング良く入力することが求められる。
  • 次へ »