入れ代わり立ち代わり

全て 副詞
40 の用例 (0.00 秒)
  • そののち患者は入れ代わり立ち代わり出たりはいったりした。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 刑事や鑑識課員が入れ代わり立ち代わり、現場を出入りする姿が見える。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • 時刻が時刻なので、夕飯ゆうめしを食いに来る客は入れ代わり立ち代わり来た。 夏目漱石『門』より引用
  • 曲は様々な気分が入れ代わり立ち代わり現れ、表情を変えつつ移ろうように書かれている。
  • 朝起きるとから夜おそくまで入れ代わり立ち代わり人に攻められた。 寺田寅彦『三斜晶系』より引用
  • 店の中は入れ代わり立ち代わり客がたてこんでいて賑やかだった。 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 彼女の前に、やがて入れ代わり立ち代わり、神曲楽士が現れて演奏を開始することになる。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒01 インスペクター・ブラック』より引用
  • 島には最大で6人のプリゾナーがおり、今まで入れ代わり立ち代わりで数多くの少女たちが島に連れてこられている。
  • ジャクソンビル市域内では戦闘こそ起こらなかったものの、市は北軍と南軍に入れ代わり立ち代わり占領された。
  • 二杯目のビールを飲んでいると、果たして何人もの娼婦が、入れ代わり立ち代わりテーブルにやってきた。 垣根涼介『午前三時のルースター』より引用
  • 私と黒井次長の座ったテーブルでも、ほんの十分のあいだに、社員たちが入れ代わり立ち代わりした。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 遂には月の朔日ついたち、十五日を面会日とするようになったが、面会日には朝の五時から夜の十一時十二時まで、実に五百名から千名の人が入れ代わり立ち代わり通のもとにやって来るようになった。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 世界各地に設置された直径六十メートル級のバラボラアンテナが入れ代わり立ち代わりこちらを照準してくれる。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • この大会三試合に、この3人が入れ代わり立ち代わり投げたが、二回戦の平安中学戦で10点取られたのを始めよく打たれた。
  • そこを朝の通勤つうきんラッシュのサラリーマンのような速度で歩いているわけだから、さっきから峻護の周囲を同じ光景が入れ代わり立ち代わり現れては消えていくわけである。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 04』より引用
  • 相手のメーカーは技術者から経理、販売、特許の関係者が入れ代わり立ち代わり出入りする。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • つまり、不特定多数の女の子が、入れ代わり立ち代わり、トトカミサマの読む本を運んでいるのだ。 古橋秀之『ある日、爆弾が落ちてきて』より引用
  • とんでもないスコアの試合になった記憶があるが、そのときは選手が入れ代わり立ち代わり交代し、しかもすけまでが飛び入りしてのゲームだったからお祭りが続いていたようなもの。 山際淳司『ダブルボギークラブへようこそ』より引用
  • 夜が更けてもなお野次馬たちが入れ代わり立ち代わりガレージの正面に押し寄せてきたが、ジョージ・ウィルソンはといえば中の寝椅子の上で体を前後に揺するばかりだった。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 混戦の数時間後中国軍は後退したが、この日以来、中国軍の5個師は毎晩入れ代わり立ち代わり波状攻撃を繰り返した。
  • 次へ »