入れる

全て 動詞
24,040 の用例 (0.01 秒)
  • 母親お鳥が今まで一度も僕をこんなところに入れると云ったことがない。 海野十三『鍵から抜け出した女』より引用
  • フエラア型の教育者は現社会にあつては何処にも入れられないのである。 ゴールドマン・エマ『少数と多数』より引用
  • 一つの声は二つの道を踏み破ってさらに他の知らざる道に入れと言った。 有島武郎『二つの道』より引用
  • 三度三度の食事は、約束どおり夫が持って来て、口の中に入れてくれた。 海野十三『俘囚』より引用
  • ついでに子供の魂も入れるつもりではあるが、魂だから場所はいらない。 坂口安吾『保久呂天皇』より引用
  • 支那では三代の昔から人の死んだ時に墓の中へ人形を入れて御伴をさせる。 会津八一『支那の明器』より引用
  • 龍や花紋様が刺繍で色美しく入れてあってなかなか美術的なものである。 上村松園『余齢初旅』より引用
  • そうして僕は、やすやすとこの精神病院に入れられてしまったのだった。 海野十三『鍵から抜け出した女』より引用
  • 外の人は入れるなつてえお言ひつけですもの、誰のことを申しませう? スティーブンソン・ロバート・ルイス『医師と旅行鞄の話』より引用
  • 父はもうそこで何かを手に入れるという希望をもたなくなったようでした。 原田義人『城』より引用
  • するとこゝに、運よくも、ある女の心臓を一個手に入れることが出来た。 小酒井不木『恋愛曲線』より引用
  • しかし神無を入れると脱退をするといふ組合員が出たのでやめたんだ。 島木健作『黎明』より引用
  • 決して見ることはできませんが、考えの中へは入れることができます。 国枝史郎『娘煙術師』より引用
  • それを彼はその同じ友人の世話によって漸く手に入れることが出来た。 堀辰雄『雉子日記』より引用
  • 僕はこうして、いつまでたっても毛皮の袋の中に入れられたっきりだぜ。 海野十三『大空魔艦』より引用
  • 徹夜の仕事を続け睡眠不足に疲労した主人はなお入れ度くないと思った。 岡本かの子『鶴は病みき』より引用
  • 壕はまだ半分ふさがっただけだが、これ以上物を入れるのはやめにした。 海野十三『海野十三敗戦日記』より引用
  • もう半分を、茶さじ一杯分の水が入ったこのワイングラスの中に入れる。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • しかし一人として血の通った女を手に入れることは出来ないであろうと思った。 海野十三『雷』より引用
  • 夜になると農夫の妻が立ち上がって、黒いかたまりを入れるのが見えた。 山本ゆうじ『モウグリの兄弟たち』より引用
  • 次へ »