入り替る

全て 動詞
15 の例文 (0.00 秒)
  • 一方、非業に斃れた行路の死人を、其骸を欲して入り替つたものと見た。 ...
  • その男を手始めに、その日一日、私の膝の上には、色々な人が入り替り立替り、腰を下しました。 ...
  • とりわけ甚しいのは、古い叙事詩ほど一人称表現をとる為に文の主人公の名を文章の中に表さぬ所から、主人公が入り替る場合も出て来る。 ...
  • 夏二た月の逗留とうりゅうの間、自分はこの花瓶に入り替りしおらしい花を絶やしたことがなかった。 ...
  • 刀を提げ、表を開き見て、女房に手にて奥へ行けといひ、二重にて入り替り、暖簾口のれんぐちに入る。 ...
  • 其変化に伴うて、適当な動物が、入り替つて来た。 ...
  • 必、相当に自由な語序の入り替りのあることが考へられる。 ...
  • 三月・五月の人形は、流して神送りをする神の形代を姑らく祀つたのが、人形の考へと入り替つて来たのである。 ...
  • 大抵は入り替り立ち替りで暫くも止まることは無いが下野の矢板の在から來た人が長逗留をした。 ...
  • 要するに、三月・五月の人形は、流して神送りする神の形代を姑く祀つたのが、人形の考へと入り替つて来た、と見るのがよい。 ...
  • 十九日に忠之は歸邸を許されたが、上邸は憚があると云ふので、弟隆政のゐた麻布の下邸に遷つて、隆政は長屋へ入り替つた。 ...
  • その後、映画界に入り替身を経て1948年には『方世玉與苗翠花』で香港映画界初の武術指導となる。 ...
  • 朋輩女郎じょうろたちは年期で出るでなく身請ときいては羨ましいので、入り替り立かわり、花里の部屋へまいり名残を惜むもありますれば、喜びを申すもありまする。
  • 五月二十一日、日の出より寅卯とらうの方へ向けてひつじの刻まで、入り替り〓〓相戦ひ、諸卒をうたせ、次第〓〓に無人になりて、何れも、武田四郎旗元はたもとへ馳せ集り、かなひ難く存知ぞんぢ候。 ...