入りかわる

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • このようなものがいくら入りかわり立ちかわり政治を担当しても、日本は一歩も前進することはないであろう。 ...
  • お雪という女中さんが先ず来て、それから入りかわり立ちかわり愛想をいいに女中さんが来た。 ...
  • その男を手はじめに、その日一日、私の膝の上には、いろいろな人が入りかわり立ちかわり、腰をおろしました。 ...
  • 嫁さんと入りかわりに妹がどこかへ出て行った。 ...
  • 見ているところ、入りかわり立ちかわり、石を高く積んだものほど手柄に見える。 ...
  • 先生は受付窓うけつけまどのところへ行って、いろんな人が入りかわり立ちかわり、ものをたずねにくるのに返答へんとうしていました。 ...
  • いろんな人が入りかわり立ちかわり面会に来るので、その下士官室は大変混雑していた。 ...
  • 彼女は娘のころから、母親と一緒に、ミュンヘンに入りかわり立ちかわり訪れてくる日本人留学生の世話をしてきて、今では六十に手が届く年齢になっていた。 ...
  • 何のことはない、遊興してよい気持になりかけると入りかわり立ちかわり借金取りが現われるようなものである。 ...
  • まあ、すべてにおいて、入りかわり立ちかわり、親切と好意を示してくれる人がある。 ...
  • そういう入りかわり立ちかわり来る書生を父は大概大目に見て、伸びるものは伸ばしても行った。 ...
  • その王女を世界中の王さまや王子が、だれもかれもお嫁にほしがって、入りかわりもらいに来ました。 ...
  • 朴鳳錫君らは、今朝からそうやって入りかわり立ちかわり安君を探しに来るが、僕らが安君を隠しているとでも思ってるのか。 ...
  • 大次郎のまわりには、入りかわり立ち代り、新手が剣輪を描いて。
  • どれどれわれら替わるべしと入りかわり打ちしところ、またこのたびも二目の勝ちとなり。 ...
  • もう数十人の稽古者が集まって、入りかわり立ちかわり、師範か代稽古か知らないが、大兵だいひょうの男を中心にぶっつかっている。 ...
  • そして、その台所へは女連中のみならず、男連中も、ちょっとお冷水ひやをとか、ちょっとコップをかしてくださいとか、入りかわり、立ちかわり顔を出した。 ...