兜を脱ぐ

23 の例文 (0.00 秒)
  • もうその時には理性がすっかり肉体にかぶとを脱いだという状態であった。 ...
  • 兜を脱いだやうな風を装ひながら、お前に飛び付かうとしてゐるのだ。 ...
  • 私はこれでも眼の良さが自慢のひとつだったのだが、君には兜を脱がねばなるまい。 ...
  • かぶとを脱いだような風をよそおいながら、お前に飛び付こうとしているのだ。 ...
  • もしこれ以外に奴の出現しそうな場所があったとしたら、わたしは素直に兜を脱ぐつもりだ。 ...
  • ついにわたしは少しずつしずまってもちろん最後にはかぶとを脱ぐ。 ...
  • 私がとうとう兜を脱ぐと、猪股氏は笑いながら、こんなふうに説明したことである。 ...
  • ボートに上ると、一同は水夫たちの手をかりて、その重い銅の兜を脱いだ。 ...
  • 彼女は別に云い争おうとしないけれど、決して兜を脱がないのだ。 ...
  • どんな悪戯いたずらっ児でも、この不撓不屈ふとうふくつの先生の前には、ついにかぶとを脱いでしまうのである。 ...
  • だからすべての哲学者は、彼らの窮理の最後に来て、いつも詩人の前にかぶとを脱いでる。 ...
  • わたしがかぶとを脱がずに、誇りを持っているためなんです。 ...
  • もし君が、自分から好んで馬鹿な真似まねをしてるんだったら、君はかぶとを脱いで、謝らなければだめだぞ。
  • それでも、革兜かわかぶとを脱ぐ気になったのは、潮気しおけを含んだ空気が、快かったからだ。 ...
  • もう兜を脱いでも大丈夫、と大喜びして安心するな。 ...
  • 相手が、土の上に倒れたところで、ホトは兜を脱ぎ、髪を解き放って正体を現した。 ...
  • 初めは部下であり現場のベテランである先輩の鬼刑事と、かなりぎくしゃくヽヽヽヽヽした感じもあったが、そのうちに彼の天才的な推理力や捜査能力には、さすがの鬼刑事たちもすっかりかぶとを脱ぐようになった。 ...
  • 次へ