克明

全て 名詞
1,114 の用例 (0.01 秒)
  • そんな彼の性格はこれらの写真一枚一枚の中に克明に記録されている。 横尾忠則『なぜぼくはここにいるのか』より引用
  • まして、誰とどこで何をしていたか、克明に知りたがるはずもなかった。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 一人、残されるあの痛みをまだ身体は克明に記憶しているというのに。 同人『十二国記』より引用
  • その過程は医学ばかりでなく、あらゆる面から克明に観察記録されている。 上野正彦『死体は知っている』より引用
  • 三十を過ぎて、克明が地元に戻ってきたのは、恋人だった女のせいである。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • 死刑執行に対し恐れおののく姿が関連の書籍によって克明に紹介された。
  • 次のページから数枚にわたって、ビデオの描写が克明になされている。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 馬喰町時代の椿岳の画は克明に師法を守って少しもおろそかにしなかった。 内田魯庵『淡島椿岳』より引用
  • 今は亡き衷王が子懐に殺された経緯を、克明に知っていたわけではない。 井上祐美子『五王戦国志2 落暉篇』より引用
  • やさ男だとばかり思っていた克明は、意外なほどの強さを見せていた。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • これによって事故が発生した過程を克明にトレースすることができる。 御田重宝『特攻』より引用
  • 航空業界で働く人々の実態が克明に記述されているのが特徴である。
  • ちょいと見ると、いやどれもこれも克明で、分別のありそうな顔をして。 泉鏡花『高野聖』より引用
  • 世界の変化に気づいた彼は、それをノートに克明に記録しようとする。
  • 尋問されたらおれはきっと、細部まで克明に答えることができるだろう。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • その時の映像が克明にイメージできてしまい、僕はぶんぶんと頭を振った。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • その重要さが四十五年も前の映画に克明に描かれていたのは、新しい驚きだった。 松永真理『iモード事件』より引用
  • そんな虎など絵でしか見たことがないのに、ひどく克明な連想だった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 弁吉レポートには、金蔵がその車を手に入れた過程も克明に書かれていた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 4) ゴールドういろう』より引用
  • 美那子はその夜のことを現場にいたのかのように正確かつ克明に知っていたのだ。 倉橋由美子『倉橋由美子の怪奇掌篇』より引用
  • 次へ »