克子

全て 名詞
1,487 の用例 (0.01 秒)
  • それから七年間、一人ぼっちになった克子がどうやって生きて来たのか。 赤川次郎『哀しい殺し屋の歌』より引用
  • そしてテープは倉沢克子自身が返しに来てくれる約束になっているのだ。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • いずれにせよ克子には、木村なる人物に電話をかけるつもりはなかった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 近所のおそば屋さんから取る出前とは、大分違うわね、と克子は思った。 赤川次郎『やさしい季節 下』より引用
  • と言ってやりながら、克子の目から涙がこぼれて頬をスッと落ちて行く。 赤川次郎『やさしい季節 下』より引用
  • 克子は、少しぼんやりしていて、黒木の言葉がすぐには分からなかった。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 克子にとってはあの人は、もう過去の墓穴に入った人も同じだったのです。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • 克子がこんなになったのは、なんだか自分のせいのような気がする。 川端康成『乙女の港』より引用
  • 南子の口調は淡々としていたが、克子に反論を許さないものがあった。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 「どの家でも、いろいろとあるのよ」その時の克子はそういっただけだ。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • それから一時間ほどして、克子のアパートの前にタクシーが停まった。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 克子の通っている高校に着いた時は、四時をずいぶん回っていた。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • 白粉おしろいをはたいて、きちんと化粧をするのは、克子の高校の入学式以来だ。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • 加賀が来たことを克子が教えても、そうか、と短く答えただけだった。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • 翔は、克子が窮屈な思いをしているだろうと、気をつかってくれている。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 兄弟はそこでおそい結婚をすると、兄の方は克子を産み、そして死んだ。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • 口をとがらせて克子が言うと、聞いていたおじいが大きな声で笑った。 鷺沢萠『海の鳥・空の魚』より引用
  • 克子は、つい早口にそう言ってしまってから、自分でもびっくりしていた。 赤川次郎『やさしい季節 下』より引用
  • 三人はそこでまた賢蔵や克子の名を呼んだが、返事は依然としてなかった。 横溝正史『金田一耕助ファイル02 本陣殺人事件』より引用
  • 章太郎が、最も興味をもって探した克子という女には、すぐ見当がついた。 源氏鶏太『停年退職』より引用
  • 次へ »