光沢感

24 の用例 (0.00 秒)
  • 長さや光沢感などでフェティシズムの感じ方は細分化される。
  • 表面に光沢感のある素材が採用されており、また、ボタン部分はツヤ消し加工が施されている。
  • また紙幣には用紙の耐久性を高める目的で表面にある種の樹脂を塗布しているため、表面に独特の光沢感が見られる。
  • またグローバルモデルは背面部がマットな塗装だが、国内モデルは光沢感のある塗装を採用した。
  • 旧モデルに比べより大人の女性を意識したモデルとなっており、カラーバリエーションも旧モデルのつや消しから光沢感のあるデザインに変更され、長爪の女性でもミスタイプが起こりにくいようにアップルのMacBookに似たキーボードを搭載する。
  • 光沢感のあるスパンデックス繊維のスパッツが特に人気であったが、綿素材などのスパッツも流行した。
  • 後期は前期のスエード調以外にレザー調の光沢感のある黒や茶色のブーツが流行った。
  • また、プリント柄では、発色の鮮明さと光沢感を重視して、ストレッチサテンなどを用いることもある。
  • 「透け感」や光沢感のある素材も、清潔感を損ない、日常の洗濯を困難にするので、使用されない。
  • 光沢は、物体表面の物理的性質で、対応する心理的属性を「つや」や「光沢感」などと呼ぶ。
  • 蕚は反り返り、果実の成熟に伴い光沢感のある紫を帯びる。
  • 柔らかで上品な手触りと深い光沢感が特長で、フォーマル・ドレスやカーテンに用いられる。
  • ミュークリスタインクは、現行のPXインクに比べ、対オゾン性・耐光性に優れているが光沢感がなく、画質面でPMインクに見劣りする部分が多く、一世代で終わった。
  • PXインクは顔料インクの特長である、高い対オゾン性・耐光性を実現しつつ、染料インクの特長である印刷面の均質性・光沢感を両立させた。
  • 顔料インクの短所である光沢感の不足を補うため、顔料粒子に樹脂コートが施されたインクや、光沢を出すための透明インクを導入している機種もある。
  • 一方、マニア向け商品では、伸縮性と光沢感を両立した「2wayトリコット」や「パールロイカ」などの新素材を使用したものが大半を占めている。
  • インナー風のテイストを生かすため、「透け感」のある素材や、光沢感のある素材を用いる。
  • 近年のエプソンのインクジェットプリンター製品ラインナップには、光沢感と高画質に有利な6色染料タイプのコピー複合機を中心に据え、普通紙印刷に強い顔料4色タイプやそれらの単機能プリンター、写真・はがき印刷用の小型プリンター、また写真画質重視のプロ/ハイアマ向けのプロセレクションシリーズが用意されている。
  • レザーフェティシズムとは動物の革、人造皮革などの光沢感や臭い等に性的嗜好を持つフェティシズムである。
  • 一般的なカシミヤストールは、カシミヤ繊維の持つ縮充性を利用してフェルト化させた生地を用いるが、パシュミナストールは、カシミヤ繊維を糸に紡ぎ、織り上げるため、生地が薄く、光沢感が高いと言う特徴を持つ。
  • 次へ »