光沢を放つ

87 の用例 (0.00 秒)
  • それよりもさらに黒い金属光沢を放つ髪が肩に広がって、腰まで伸びた。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • 金属特有の光沢こうたくを放っているそれは、確かによくできているとは思う。 中村恵里加『ソウル・アンダーテイカー』より引用
  • まるで何かをコーティングしてあるように、見事な光沢を放っていた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 磨きあげられた靴は光沢を放ち、夏の午後の陽射しを受けて輝いている。 松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』より引用
  • 新聞にペタペタと体を打ちつけながら、女の髪のような光沢を放っている。 吉村萬壱『ハリガネムシ』より引用
  • 全身がうすもも色に染まって、それが濡れて異様な光沢を放っている。 山田風太郎『忍びの卍(まんじ)』より引用
  • 一度破壊はかいされ、新築された駅舎えきしゃは、どこもまだ真新しい光沢こうたくを放っていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第16巻』より引用
  • 今朝方まで続いた雨に濡れた屋根が、月光を浴びて鈍い光沢を放っている。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • ほこりの飛んだあとから、硬質ガラスに似た床材が鈍い光沢を放っていた。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 封筒の底では、両刃のカミソリが一枚、冷んやりとした光沢を放っていた。 夏樹静子『女検事 霞夕子 螺旋階段をおりる男』より引用
  • 掌では、小さな楕円形の薬が卵のような光沢を放っていた。 坂東眞砂子『夢の封印』より引用
  • 分厚い板金で作られた金属のよろいは、新品のように美しい光沢こうたくを放っている。 水野良『ロードス島戦記 5 王たちの聖戦』より引用
  • 個室は一個だけだったが、壁のタイルが白い光沢こうたくを放っていた。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • ムスタングが、冷たい緑の光沢を放っているのが見えるだけだ。 山田正紀『火神(アグニ)を盗め』より引用
  • 淡いピンクのマニキュアを塗った爪が、桜貝のような光沢を放っている。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用
  • 皮膚の表面が金属状の光沢を放っているのは、地面をえぐりながら前進するためだろう。 菊地秀行『吸血鬼ハンター16 D-血闘譜』より引用
  • 動きにつれて背が不思議な光沢を放った。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • ワックスなどによるものではなく、気の遠くなるような手作業の末に得られた光沢を放っていた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 海は夕暮に近い斜の光線を受けて、色のめた鈍い光沢を放っている。 福永武彦『草の花』より引用
  • 色は白く、表面にワックスでも塗ったような光沢を放っている特殊な素材である。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第08巻』より引用
  • 次へ »

光沢を放つ の使われ方