光沢を持つ

86 の用例 (0.00 秒)
  • おそらく、光沢を持つ身体はにおいがつきやすくするためのものだろう。
  • 中には黒紫くろむらさき色の光沢こうたくを持つ九官鳥が、元気そうにこちらを見つめている。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 1』より引用
  • 萌黄色の独特の光沢を持ち、絹に比べて軽くて柔らかいのが特徴である。
  • そんな中に銀色の鱗状の部分を持ち、銀色の金属光沢を持つものもある。
  • メスの場合は前胸背板にやや強い光沢を持ち、上翅の縦縞は平行となる。
  • ちがうのは、うるし光沢こうたくうす金属きんぞくが泥のわりにかれの手を覆っている事だ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編04 夢の涯』より引用
  • 全体的に丸みを帯びて光沢を持ったイメージが使用されている。
  • 廊下の床板と同様、表面が濡れたように光沢を持つ黒い木材で作られている。 乙一『暗いところで待ち合わせ』より引用
  • 対照的に肌は雪のように白く象牙のような光沢を持っている。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • 佐里のすぐ前の空間に、均一の光沢こうたくを持った金属製の円柱が現れた。 伊都工平『天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺 〈下〉』より引用
  • 独特の光沢こうたくを持つ杏子のスポーツカーが、駐車場奥の一角に停まっていた。 三雲岳斗『レベリオン 第04巻』より引用
  • トロイライトと呼ばれる鈍い金属光沢を持つ硫化鉄鉱物を伴うことが多い。
  • 大型個体の中には頭部が紫色の光沢を持つものもいる。
  • 大腸菌が存在した場合、緑色の金属光沢を持つコロニーを形成する。
  • 触覚しょっかくと細いあしを持ち、油を塗ったような光沢こうたくを持つ黒い外殻がいかくおおわれている。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • 葉の縁は全縁で、表面は濃緑色で光沢を持ち、裏面はやや緑白色を帯びる。
  • 多くの脂肪光沢を持つ鉱物は、その触感においてもまたべたついている。
  • 緑一色の種や虹色の光沢を持つ種等主にニシキヘビとして知られる体色をした種は少ない。
  • それらの顔料には相当に多量の膠が使用されているため、一種の光沢を持っていた。
  • 建造物の表面の銀色は、霊の異獣たちを封印したカードと共通した光沢を持っているような気がする。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • 次へ »

光沢を持つ の使われ方