光沢のいい

20 の用例 (0.00 秒)
  • 光沢のいい白布に包まれた骨箱らしき物と、様々な仏具が載っている。 柄刀一『400年の遺言 死の庭園の死』より引用
  • 黒い帽子をかぶって、金縁の眼鏡めがねをかけて、遠くから見ても色光沢つやのいい男が乗っている。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • 黒い帽子をかぶって、金縁の眼鏡めがねを掛けて、遠くから見ても色光沢つやのいい男が乗っている。 夏目漱石『三四郎』より引用
  • いわれるまま進み出て粗衣を落すと、光沢のいい白い裸身が露わになった。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • そうして光沢つやのいい猫族のようなあの体を、愛撫して遣りたい。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • そこには金三の言った通り、赤い葉を巻いた百合のが二本、光沢つやのいい頭をとがらせていた。 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』より引用
  • 娘は光沢つやのいい顔に微笑ほほえみを見せた。 田中貢太郎『娘の生霊』より引用
  • 主人は光沢つやのいい長火鉢の向こう側にすわっていた。 夏目漱石『門』より引用
  • まだとてもその齢には見えない、光沢のいい白い頬を翳らせたが、すぐまた悪戯ぽい眼つきになった。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • 男のかたわらには、入念にブラシをかけて手入れをしたと思われる光沢のいいシルクハットが一つころがっていた。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 自嘲はそのたび苦い葡萄のようにつぶれ、三輪子は今日もまた光沢のいい鼻翼をぬすみ視るほかはなかった。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • 真矢はよく知っているが、隆史の下半身は顔に似合ず逞しいもので、白く光沢のいい太腿や尻に、天鵞絨の短毛はほどよい刺激を与えることだろう。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • 窓べりの一台には、磨かれて光沢のいい紅と目の玉が散らばり、店のあるじらしい若い男が、キューを手にひとりで黙々と突いていたが、二人が入ってゆくと、じきに顔をあげて、軽いこなしをみせた。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • が、良沢は、光沢のいい総髪の頭を軽く下げただけで、その白皙な、鼻の高い、薄菊石あばたのある大きい顔をにこりともさせなかった。 菊池寛『蘭学事始』より引用
  • 「マトヴェイ、妹のアンナ・アルカジエヴナが明日くるそうだ」彼は、その長いちぢれたほおひげのあいだのばら色のきれ目をきれいにしていた理髪師の光沢のいい、むくんだような手を、ちょっとの間おさえてこういった。 トルストイ/中村白葉訳『アンナ・カレーニナ(上)』より引用
  • 池の面のあらかたは睡蓮で埋まり、それもり合うように浮きあがり伸びあがりして光沢のいい広葉がはびこっているため、花といえば僅かな白が覗いているにすぎない。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • さうして、そのまばゆい光に、光沢つやのいい毛皮を洗はせながら、一疋の獣が、おとなしく、坐つてゐる。 芥川竜之介『芋粥』より引用
  • 光沢つやのいい忠相の豊頬ほうきょうにほほえみがみなぎる。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • そうして、そのまばゆい光に、光沢つやのいい毛皮を洗わせながら、一疋のけものが、おとなしく、坐っている。 芥川龍之介『羅生門・鼻』より引用
  • そうして、そのまばゆい光に、光沢つやのいい毛皮を洗わせながら、一疋ぴきけものが、おとなしく、すわっている。 芥川龍之介『羅生門・鼻・芋粥』より引用