光沢のある黒色

43 の用例 (0.00 秒)
  • 体色は緑色の光沢のある黒色で、後頸や翼、尾などは紫がかって見える。
  • 背面の体色はやや光沢のある黒色だが、若い個体は腹側に赤みが見られる。
  • オス成鳥は全身が光沢のある黒色で、喉に赤い喉袋がある特徴的な体色をしている。
  • 喉と頸は白色で、それ以外の体全体は青色の光沢のある黒色である。
  • 冬羽は全体が光沢のある黒色で、白や黄白色の斑が散らばっている。
  • 成虫の体の上面は光沢のある黒色で、楕円形で腹背に扁平な体型である。
  • 雄は頭から頸、前胸までが紫色の光沢のある黒色で、それ以外は濃い褐色である。
  • 雄は頭部が緑色の光沢のある黒色で、顔の前面に丸い白斑がある。
  • 背中側の体色は光沢のある黒色か褐色で、腹側は白い。
  • 前胸背板も光沢のある黒色で、その後縁はやや隆起する。
  • オオハムより小型で、前頸は紫色光沢のある黒色で、後頸がうすく白い。
  • 夏羽の前頸は緑色光沢のある黒色で、背は黒色に白色の角斑が並ぶ。
  • 前胸部は光沢のある黒色で、前縁が黄色で縁取られる。
  • 体の色は光沢のある黒色だが、背中の部分に白い三日月型の斑があることでカラスバトと区別できる。
  • オスは、頭部が緑色光沢のある黒色で、冠羽はないが後頭部がふくらんで見える。
  • 雄成鳥は全身が光沢のある黒色で、喉に赤い喉袋を持ち、脇から腋に白線が延びる。
  • 体色は光沢のある黒色で、脚と触角第1節は黄褐色となる。
  • 特に前翅は光沢のある黒色に白い斑点が並んでいてよく目立ち、和名もこれに由来する。
  • 全身光沢のある黒色で、雌雄同色であるが、雄のほうが大きい。
  • 雄は頭部から下尾筒、背から腰にかけてが淡い青光沢のある黒色で、翼と尾は赤茶色である。
  • 次へ »