光沢のある

676 の用例 (0.01 秒)
  • いずれも艶消しの化粧板だが、5次車からは光沢のあるものを使用した。
  • 大きな蛇が身体を揺らして、彼の肩から光沢のある木の上に滑り降ちた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 全身の毛衣は光沢のある赤みがかった黄色で、名前の由来になっている。
  • 蒸したものは白い皮であるが、焼いたものは光沢のある茶色の皮である。
  • 体色は緑色の光沢のある黒色で、後頸や翼、尾などは紫がかって見える。
  • 雄の背中は尾も含め光沢のある青で、尾の基部には左右に白斑がある。
  • さらに表面の磨耗が進むと弱い光沢のある真珠層が現れるものもいる。
  • 夏羽は光沢のある黒の背に四角いチェック模様の白斑が並ぶものが多い。
  • けずったばかりの鉛筆えんぴつのようだった、あの光沢こうたくのある黒いひとみが失われていた。 谷川流『涼宮ハルヒの驚愕(前)』より引用
  • 黒い光沢のある双眸と、薄い唇が、その女をいかにも挑戦的に見せていた。 山田正紀『崑崙遊撃隊』より引用
  • 製本されたものではなく、光沢のある緑色のひもで右端がじられていた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • やはり色は白で、光沢のある紺色の糸で幾何学的な模様が刺繍されている。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • そしてどうしたことか、ブレザーの下の開襟かいきんシャツまでが光沢のある黒だ。 川原礫『アクセル・ワールド 01 -黒雪姫の帰還-』より引用
  • 光沢のある焼付け塗料として自動車や電気製品などに広く利用される。
  • 光沢のあるサイドボードの天板に、うっすらと犬塚昇の顔が映っていた。 勝目梓『女王蜂の身代金』より引用
  • 背面の体色はやや光沢のある黒色だが、若い個体は腹側に赤みが見られる。
  • ただ金蠅の金緑色をした光沢のある躯の色彩が頭の中を飛びまわっている。 花村萬月『ゲルマニウムの夜 王国記』より引用
  • 光沢のある若葉が風にさわさわと揺れて、樹間に弾む光とたわむれ合う。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • かれらは光沢のある灰色の金属の床に腰をおろしたり、腹這いになったりしていた。 P・J・ファーマー『異世界の門』より引用
  • 鼈はスッポンのことで、光沢のある丸い葉を鏡に見立てて名付けられた。
  • 次へ »