光景

全て 名詞
21,302 の用例 (0.01 秒)
  • それは十余年前に三人の弟子の顔のよくそろった彼の部屋へやの光景である。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 彼の顔は自分が感動した光景や書物のことを話しながら活気だってきた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • しかしそこへ入るか入らないうちに恐ろしい光景が、眼の前に現われた。 ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 階段に生えたたくさんの首と会議をはじめるなんて、変な光景であった。 海野十三『二、〇〇〇年戦争』より引用
  • 私はあなたと三次のバンホフで会う時の光景を想像して心がおどります。 倉田百三『青春の息の痕』より引用
  • もしコンドル以外に見ているものがあれば、奇妙な光景に映っただろう。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • なぜなら、こうした光景を見たのは今が初めてではなかったからである。 金子ふみ子『父』より引用
  • しかしお妻にはそういう光景も、珍らしくもなければ美しくもなかった。 国枝史郎『剣侠』より引用
  • その平凡な光景がカメラの目からは非常におもしろく見えるのであった。 寺田寅彦『カメラをさげて』より引用
  • その時船中で二人がベッドに寐る時の光景ありさまをはっきりと記憶している。 高浜虚子『漱石氏と私』より引用
  • 僕は夕闇のなかにこの光景を見て、一種異様なものに逢著したと思つた。 斎藤茂吉『接吻』より引用
  • この光景が、すべての緊張しきった空気を一時に抜いてしまいました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • また詩にでもなりそうなひとつの楽しい光景であらねばならなかった。 田山花袋『日本橋附近』より引用
  • この光景は活動写真とは思えないほど生き生きした印象を残している。 伊丹万作『私の活動写真傍観史』より引用
  • そのガラスごしに、七階の高さから外の光景を広く見渡すことが出来た。 片岡義男『少女時代』より引用
  • この一事だけで、君はあの川の性質と光景とを想像することが出来よう。 島崎藤村『千曲川のスケッチ』より引用
  • ああ、しかしそれは何という物すさまじい光景であったことでしょうか。 海野十三『三角形の恐怖』より引用
  • が、最も僕の心にはつきりと跡を残してゐるのは佐藤君のゑがいた光景である。 芥川竜之介『野人生計事』より引用
  • 次郎の眼が、そうした光景を観察したのも、しかし、ほんの一瞬だった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • それはちょうど町の群衆が凱旋がいせんの軍隊を迎える時のような光景であった。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 次へ »