光明

全て 名詞
2,242 の用例 (0.02 秒)
  • それでも私には私の家庭に光明を發見することは出來ないのであります。 長塚節『教師』より引用
  • 私にしてはじめてこの事件にいくらかの光明を投ずることができるのだ。 ルブラン/野内良三訳『ルパン対ホームズ』より引用
  • 彼はどこへ行っても、知らず知らずに、自分の内部の光明の跡を残した。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 他の二者がより多く光明を与えたとすれば、彼はより多く温熱を与えた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 彼女は、絶望のなかでもそれだけが、はっきりと光明であるのを知った。 小栗虫太郎『地虫』より引用
  • 私は真姫と一緒にソウル市郊外の光明市にあるチャニョンの家を訪ねた。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 唯一チームに光明が見えたといえるのは、1980年代中後半位である。
  • 彼は自分の前に一点のかすかな光明をも見せてくれない運命を呪った。 薄田泣菫『艸木虫魚』より引用
  • それは彼が昏迷の中に一筋の光明も見出せないでいることを示していた。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・内田庶・中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』より引用
  • その瞬間、携帯電話が鳴って、わずかな光明は瞬く間に消えてしまった。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • これだけの大光明を機械で以て使用するまでに幾千年の試験を要した。 ニューコム・シモン『暗黒星』より引用
  • そうやって、たびたび事件に光明がさしてきたことがあったからである。 フィルポッツ/井内雄四郎訳『闇からの声』より引用
  • そこは前から光明薬品の製品を大きく扱い、彼女の店にも売込んでいる。 松本清張『陸行水行 別冊黒い画集2』より引用
  • 夜更よふけまで所々をうろついて珍らしい光明面と闇黒面とを味ふのである。 森林太郎『病院横町の殺人犯』より引用
  • 地下のきんが精となって上に立ち昇りそれが光明になったというんです。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • そうすれば、今後の彼のすることに、光明を得ることができるだろう。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • 痛みの連続の内に、賢三は、わずかだが光明が見えたような気がしたのだ。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • 即位の前年には兄である後光明天皇の名代として江戸に下っている。
  • かすかな光明で大きくふくらんだ元助の胸のうちは急速にしぼんでゆく。 松井今朝子『辰巳屋疑獄』より引用
  • この浄衣じやういには人間生活にんげんせいくわつ必要ひつえうなる新思想しんしさう光明くわうみやう燦然さんぜんとしてかがやいてゐるぞ。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 69 20080623』より引用
  • 次へ »