光年

全て 名詞
1,633 の用例 (0.01 秒)
  • どの方向をとって見ても、もっとも近い星までの距離は、一千光年もあった。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 距離は90億光年より遠方にあり、宇宙誕生から40億年より前である。
  • ここは故郷から二十光年も離れているし、相手にしているのはチェンホーだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 三〇〇〇光年を超す宇宙空間を、第一一艦隊が接近してきつつある。 田中芳樹『銀河英雄伝説 02 野望篇』より引用
  • 敵地へ深く遠く侵入すること二八〇〇光年という彼らである。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • それによって生じる大規模構造の大きさは約12億光年を超えないとされている。
  • 地球から見て、はくちょう座の方向に約4900光年離れた位置にある。
  • また、地球からベテルギウスまでの距離は497光年と考えられている。
  • しかし、ここは工業文明から何光年も離れた場所であることを忘れないでほしい。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • これらの本は往復で八〇〇〇光年、人類の大部分より長い旅をすることになる。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 02 ユリアンのイゼルローン日記』より引用
  • きみは既に本艦をここまで十二、三光年も引っ張って来てしまった。 ジェイムズ・ブリッシュ『12 上陸休暇中止!』より引用
  • ヌピル星系と大ムガール間の距離は二万二千三百二十九光年だった。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • 太陽から、一光年よりはるかに小さい距離内に、とだけ申しておきましょう。 小松左京『さよならジュピター』より引用
  • 一ケ月後にはこの三人はそれぞれ数千光年をへだてた場所にいるはずであった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 07 怒濤編』より引用
  • 五十億光年といえば、言うまでもなく光の速さで五十億年もかかる距離である。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 地球の大調査隊が二十七光年はなれたヴェガ星系に来てから、もう数週間がたつ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • これでは何百光年も離れている恒星間を往き来することはできない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用
  • これは、太陽以外の恒星は地球から数光年以上の離れた場所にあるためである。
  • 彼はいまや、地球が存在していればそのあるべき地点から六光年も離れている。 アダムス/風見潤訳『銀河ヒッチハイクガイド』より引用
  • われわれはここから、ええと三十二光年以上はなれたある惑星にゆくべきだと。 ハインライン『メトセラの子ら』より引用
  • 次へ »