光年間

46 の用例 (0.00 秒)
  • 道光年間には集落が発展し街が形成され西大街と称されていた。
  • しかし五代十国時代の後唐の同光年間に契丹に占領された。
  • 若い頃は一兵卒から立身し、長じては道光年間の清朝において重きをなした。
  • 北魏の正光年間、明経に挙げられて国子助教として召され、行台郎中に任ぜられた。
  • 清代は台湾県新豊里に帰属し、道光年間に「内新豊里」と改称された。
  • 道光年間に周太谷に師事して儒教・仏教・道教を融合した太谷学派を学んだ。
  • 中国で封泥が初めて出土したのは清代末期の道光年間のことで、その後次々と出土するに至った。
  • 当時は天興県に帰属していたが、清代道光年間には「学甲堡」が設置され嘉義県の管轄となった。
  • 正光年間、右将軍・南秦州刺史として再起を命じられ、固辞したが許されなかった。
  • 正光年間、前将軍・通直散騎常侍の位を受けた。
  • 道光年間には現在の新疆ウイグル自治区伊犂カザフ族自治州アルタイ地区にあたる地区に無僧派の古儀式派信徒が移住している。
  • また以前から商店が存在していたが、道光年間に土石流で壊滅してしまい、その後再建したことから新店と称すようになったという説もある。
  • 正光年間に直閤将軍の号を受けた。
  • 正光年間、驍騎将軍の号を加えられ、徐州行台となった。
  • 正光年間、明堂を建立する議論が起こったとき、邢臧の意見は採用されなかったとはいえ、その見識の広さは当時の賞賛を浴びた。
  • 武漢の茶館は,清の道光年間に書かれた『漢口竹枝詞』にも繁盛の様子が書かれているが、経済の規模から考えると明代にはあったと考えられる。
  • 北魏の正光年間、六鎮の乱が起こると、孫騰は秀容郡に逃れた。
  • かつて謙之の弟の高恭之が正光年間に御史となり、相州刺史の李世哲を糾弾したことがあった。
  • 清の道光年間には、老城隍廟は全盛を極め、占有面積は約50畝まで達した。
  • 正光年間に郭祚の名誉が回復されて追贈を受けると、裴植も封爵のみ追復された。
  • 次へ »

光年間 の使われ方