光年彼方

11 の用例 (0.00 秒)
  • これは、十六光年彼方でホバーカー事故によって死亡した不運な人間たちのものだった。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • これは、約460億光年彼方にある宇宙光の地平面に対応する。
  • 彼らは地球から十六光年彼方の惑星に着陸した。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • そんな地球に、二億六千万光年彼方の宇宙からの侵略者「イバリューダー」が迫る。
  • その地震は、800年前に10万光年彼方から地球に不時着してきた、意思を持つUFOのくしゃみによるものだった。
  • この銀河は SagDEG よりもずっと遠い約400万光年彼方にある矮小銀河である。
  • これは地球から約5440万光年彼方にあるおとめ座A銀河に潜む超巨大ブラックホールの位置を、電波観測により観測したもの。
  • 平々凡々な日本の中流家庭、時野家に、地球から遥か2万光年彼方のカナーイ星からやってきたワタナベがホームステイすることとなる。
  • こうして、選抜メンバーは人類絶滅まで1年という残り時間の中で16万8千光年彼方の大マゼラン銀河のイスカンダルへ、往復33万6千光年の旅に臨むことになる。
  • 地底戦艦で三万光年彼方の遊星マゼランに逃れたヘルンシュタインは、マゼランの大統領に謁見し、「地球人類は全宇宙の害虫である」と煽動し、地球人を殲滅させようとする。
  • はるか遥か、20光年彼方の星と、夜空を。 入間人間『電波女と青春男 第07巻』より引用

光年彼方 の使われ方