光年先

36 の用例 (0.00 秒)
  • 百三十七光年先の地球にいるはずのユミコ・Kがぼくの目の前にいたのです。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 光速に近づいたところで5光年先の星なら少なくとも5年以上かかるのだ。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • たった二十七光年先のところに生じた侵略を手をこまぬいてながめているつもりはない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • その惑星、もし存在するとしても、百光年先かもしれないのよ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『10 宇宙の不死者』より引用
  • それが恒星の照射をうけていなくても、〇・四五光年先からキャッチできるはずなのだ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『10 宇宙の不死者』より引用
  • この機械の電波を受けた宇宙人は、たとえ何百光年先にいてもUFOで駆けつけてくる。
  • 反物質推進も核融合推進も望めなかったので、光帆推進の超小型機を十二光年先まで送りました。 小川一水『時砂の王』より引用
  • バスコットン星系を有名にしたまちがいとは、約四・一光年先に存在した〈閉じた門ソード・レーザ〉だった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の戦旗 02 守るべきもの』より引用
  • 一隻の宇宙船を一回の超空間ジャンプで一万八千光年先の星系に運べる動力を計算しようと努めた。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • これなら数光年先で傍受される心配もない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『06 時間地下庫の秘密』より引用
  • ピーターの耳は確かにそのすべてを捕えていたが、中佐の声はまるで一光年先から聞こえてくるかのように遠かった。 ロッデンベリイ『スター・トレック2/カーンの逆襲』より引用
  • これは直感的には、たとえば一光年の長さの棒があれば、この棒を押すことで一光年先でも瞬時に情報を送ることができるように見える。
  • われわれの太陽を彗星のようにまわったあと、その新しいコースは十二光年先の鯨座タウ星にぴったり向いていた。 クラーク『楽園の泉』より引用
  • 話を戻すとして、とにかく科学技術の進歩は凄まじく、この博士の発明のおかげで数光年先の星へも数日から数週間、長くても数ヶ月で行けるようになった。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • ニッセンは五百光年先に進出した。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • しかしその間、地球大気圏外に浮かんでいた四万トンの宇宙船は、どうしたものか二次元に消え、半光年または五十光年先の空間に現われるのだ。 コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』より引用
  • 壱郎くんは際立って聡明ですから、〝じゃあ、宇宙の果ては百五十億光年先にあるんだね〟とすぐさま理解してくれました。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • その後は航海長としてヤマトを操縦し、40万光年先の乙女座にある暗黒銀河にある敵母星へ向かう。
  • 先に紹介した小柴昌俊さんの宇宙的スケールでのセレンディピティのように、一五万光年先の天文学的事件もがかかわってくるのが、本来の「科学」なのです。 茂木健一郎『「脳」整理法』より引用
  • とにかく彼女は、はなっから〇・一六光年先の〈ポーカーフェイス・ボギー〉にいたというわけです。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 次へ »

光年先 の使われ方