光年以内

23 の用例 (0.00 秒)
  • 基本は宙域単位だが、半径30光年以内については星域単位の星図もある。
  • 距離ははっきりとは分かっていないが、4000光年以内の距離にあると考えられている。
  • これは地球から300光年以内に存在する中でもっとも大型な物のひとつで、星系の内側には地球型惑星が存在できる余地がある。
  • 太陽から15光年以内に存在する恒星としては最も暗い部類に入る。
  • ドアに内蔵されている宇宙地図の範囲で、また10光年以内の距離しか移動できないという制限がある。
  • われわれの植民惑星は、アルデバラン系第二惑星をのぞいて、すべて地球から二十六光年以内のところにある。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ5) ファースト・レンズマン』より引用
  • また、地球から30光年以内のスーパーアースは約100個と推計している。
  • 太陽から数百光年以内のいくつかの明るい恒星は、早ければここ数千年以内に超新星爆発を起こす候補である。
  • このウルトラ・ウェーブ装置は、可能なかぎりのどんな通信周波数帯においても、数光年以内で発進されたどんな信号でも聴取可能にすることができるのだった。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ6) 三惑星連合軍』より引用
  • 太陽系外惑星の多くは地球から300光年以内にあり、1万光年より遠くにあるとされる惑星は、760個を超える惑星の中で14個しか発見されていない。
  • ただ観光や海水浴だけだったら、それにふさわしい星はマリーネから百光年以内にいくらでも転がっています。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ01 ダーティペアの大冒険』より引用
  • ビッグバン以降、我々のいる地球と因果関係がつながっている宇宙の範囲は、半径約470億光年以内であると考えられている。
  • シクロフスキーは太陽系から300光年以内で起こった超新星爆発によって生じた宇宙線が地球に降り注いだことによって、地球の生物の大絶滅がおこりえたという説を提案した。
  • 現在確認されている閃光星は太陽系から約60光年以内の近距離にある恒星ばかりであるが、これは閃光星の性質上近距離でないとフレアによる増光が観測できないこと、閃光星に分類されるような暗い赤色矮星は距離が離れると発見自体が困難になることが原因だと考えられる。
  • 幸い、立派な大型フェードンを二つ持ってきているから、ある白色矮星わいせいから二十光年以内のところに、重くて地面の固い惑星がひとつ見つかりさえすればいい。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • 下の表は今日の観測に基づく、50光年以内に存在するソーラータイプ恒星のうちソーラーアナログの基準をほぼ満たすもののサンプルである。
  • ろ座銀河団は、約6500万光年の距離にある、1億光年以内ではおとめ座銀河団についで2番目に空間密度が高い銀河団である。
  • において銀河系から2億光年以内の大型の銀河団はうみへび座とケンタウルス座の方向にある巨大引力源「グレート・アトラクター」に向かう共通の運動成分を持つと指摘した。
  • 太陽から300光年以内の局所泡と呼ばれる領域の、高温の星間ガスが放射している微弱な極端紫外線のスペクトルを観測する。
  • また、ウォルフ三五九、GC一五一八三といった、太陽系から十光年以内の恒星系にも、彼らの手がのび、補給基地化や軍事基地化が進んで、太陽系はじりじりと、軍事的に「包囲」されはじめた。 小松左京『華やかな兵器』より引用
  • 次へ »