光年以上

29 の用例 (0.00 秒)
  • これは、太陽以外の恒星は地球から数光年以上の離れた場所にあるためである。
  • われわれはここから、ええと三十二光年以上はなれたある惑星にゆくべきだと。 ハインライン『メトセラの子ら』より引用
  • 例えば500万年後には、この恒星は太陽から500光年以上遠ざかる。
  • 反対側は四百光年以上離れており、到着する頃には周辺の交易情報は遠い過去のものになっているはずだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 男の捜索は、百光年以上の空間の広がりと、八世紀以上の時の流れのなかでつづけられていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • いいか、一番近い星でも四光年以上のむこう、一番遠い星だと何十億光年もむこうにある。 P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • 後者は自ら選んだことだったが、彼の好きな人々と別れて遠く一万光年以上の旅に出るとなれば、若い心の回廊を感傷が足早に歩きまわるのも無理からぬことであったろう。 田中芳樹『銀河英雄伝説 06 飛翔編』より引用
  • しかし、この説では6000光年から一万光年以上の距離にある恒星の光が現在の地球にまで到達している、つまり見えることを説明できない。
  • この集団の星は全ておおぐま座運動星団のかつてのメンバーであり、宇宙の中で1000光年以上にわたって広がっている。
  • また当然のことながら、人間の寿命の点からして、百光年以上の惑星へ地球人が行くという物語は、きわめて成立しにくくなる。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • 地球から2万光年以上と非常に遠く、塵による遮蔽もあるため、裸眼で観測することはできない。
  • 官僚的な気質という物は、それが発生し、進化した惑星から十二光年以上もの厖大な空間を遠く移り渡って来ていたのにも係わらず、実質的には明らかに、少しの変化もこうむってはいなかった。 ジェイムズ・ブリッシュ『01 宇宙大作戦 No1』より引用
  • いわば宇宙の灯台であり、年周視差などで測ることの出来ない1000光年以上の測定が可能である。
  • ただしシータ星は100光年以上遠方にあるため重力的な繋がりはなく、太陽系から見るとたまたま同じ方向に見えているだけの見かけの二重星である。
  • 地球からは200光年以上離れている。
  • 実際には、大質量の恒星の多くは地球から見て数千光年以上も遠くにあり、連星系の場合、精密な観測によっても誤差を取り除く事ができず、決定的な数値が得られない。
  • 宇宙赤外線背景放射は銀河系の両極方向で見られる、数十億光年以上の彼方に起源があると思われる赤外線の背景放射である。
  • なにせプロローグの出だしの文章が「男の捜索は、百光年以上の空間の広がりと、八世紀以上の時の流れのなかでつづけられていた」であり、そのプロローグに続く第一部はなんと「百六十年後」という言葉から始まる。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 超銀河団は、宇宙において、銀河群や銀河団が集まり形成されている銀河の大規模な集団であり、1億光年以上の広がりをもつものもある。
  • 戸谷はファイバー多天体分光器をすばる望遠鏡に設置して100億光年以上離れた遠い銀河の光を観測するファストサウンド計画の責任者を務めている。
  • 次へ »