光年もの距離

13 の用例 (0.00 秒)
  • でも、ぼくがあなたを好きになっても、地球とぼくとの間に百三十七光年もの距離があるんですね。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • だが、その土くれの下には、何千光年もの距離をわざわざ渡って見に来るほどのものはなにもなかった。 アダムス/風見潤訳『銀河ヒッチハイクガイド』より引用
  • 宇宙船が何光年もの距離を隔てて捕獲された事実は今のところまだ公表できない事情があった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • それは何光年もの距離をつなぐ環なのだった。 R・エイヴァリー『ゼロスの戦争ゲーム』より引用
  • そして、それが何光年もの距離を一挙に飛びこえ、想像もつかないほどの速度で空間を飛んでくる光景を。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • 何百年もの時間と何光年もの距離を越えて時空間旅行してきた結果、己の住む都市で、かくも原始的な乗物に出合うとはね。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • 居住棟は直径二百メートル以上の不完全なかん状で、二十光年もの距離をはるばる運んできた材料でつくられていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • その場所は遙か離れた空間と時間にあったが、銀河系の心臓部でおこった巨大なエネルギー爆発が、何光年もの距離を隔ててヴァナモンドをさし招いた。 クラーク『都市と星』より引用
  • どのような条件が重なったかはともかく、五隻のジェヴレン船は何光年もの距離を跳び越えたのみか、五万年の時間をさかのぼって、まだミネルヴァが存在する時代の太陽系に舞い戻ったのである。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 何光年もの距離を隔てて、ヴィザーとアッタンのブラックホール・プロジェクターが限られた時空の支配権を争った最後の数秒間に、はたしてそこで何が起こったかは誰にも想像し得なかったし、誰もがそれは永遠の謎であろうと見切りを付けていた。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • おそるおそるパーセプトロンに足を踏み入れたあの時以来、彼らは何光年もの距離を隔てた知覚伝送によってしかテューリアン人に接していない。 ホーガン『巨人たちの星』より引用
  • 遠い天体では、100億光年以上の距離があり、近い銀河でも16万光年〜20万光年もの距離がある。
  • 何光年もの距離を隔てて、二進法の信号が 〈シャピアロン〉号にどっと流れ込み、ゾラックがこれに応えて、ヴィザーは送り返された情報から直ちにジェヴェックスの回路の分析に取りかかった。 ホーガン『巨人たちの星』より引用