光年の距離

104 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は五百光年の距離と三千年の客観時間にわたってそれを追求してきた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • これは二つの天体がせいぜい数万光年の距離しか離れていないことを示している。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 四十四光年の距離を加味すれば、彼らは一三八〇年に母星を旅立ったことになる。 野尻抱介『太陽の簒奪者』より引用
  • 地球から見てへびつかい座の方向の、およそ40光年の距離に存在している。
  • 領域の幅は最大で2000光年に及び、地球からは50光年の距離にある。
  • この星は太陽から約二〇〇光年の距離にあり、その送り出す光は太陽の光と非常によく似ている。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • これによってヒミコは130億光年の距離にあると確認された。
  • これらの銀河は現在、われわれからおよそ460億光年の距離にあるとされている。
  • かに座55番星とは、太陽系から41光年の距離にあるかに座の連星系である。
  • 惑星が実在すれば49億光年の距離にあると思われている。
  • アルームまでは、二万八千四百五十一光年の距離がある。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ03 銀河系最後の秘宝』より引用
  • 彼は地球からアンドロメダ星雲の方向に七十三光年の距離にある、ある太陽の惑星からきたのだった。 フレドリック・ブラウン『73光年の妖怪』より引用
  • その燈台恒星は地球から六千四百十一光年の距離にある。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • 殆ど永遠と言ってよい遠い昔に発せられた星の光が、宇宙の数十万光年の距離を渡って、この地上に降るように訪れていた。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 目覚めて自由になっても、ここは彼らが知っている世界から数百年の時間と、数光年の距離をへだててしまっている。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 五十六光年の距離にそれを運ぶ費用まで入れると、この食事は同量のプラチナ以上の値打ちがある。 R・エイヴァリー『タンタロスの輪』より引用
  • 何十光年、何百光年の距離をわたってきたかすかな星の光が、小さな小さな星間物質を押す。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • もしこれが数光年の距離をへだてた本物の星間戦争なら、十倍もすごい出来事として歴史に伝えられるだろう。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 黄色矮星はそれほど明るい星ではないため、130光年の距離では肉眼で見ることができない。
  • わが軍は一万光年の距離を遠征しなくてはならないが、大軍の補給を考えただけでも、その困難は目に見える。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 ダゴン星域会戦記』より引用
  • 次へ »

光年の距離 の使われ方