光年の彼方

34 の用例 (0.00 秒)
  • 宇宙はそれよりも遠く、半径五十億光年の彼方にまでひろがる球体だという。 小松左京『復活の日』より引用
  • おうし座T星と星雲の領域は576光年の彼方に存在している。
  • そして、話は百万光年の彼方までそれてしまうだろう。 火浦功『スターライト☆だんでぃ』より引用
  • 地球からの距離はおよそ6000万光年の彼方にある。
  • ハッブルの法則を当てはめるとバースト源は数十億光年の彼方にあることになる。
  • 新しい目的地は、数十光年の彼方にあった。 野尻抱介『クレギオン 1 ヴェイスの盲点』より引用
  • しばしば、あとになって不幸な誤解だったと気づくこともあったが、その時には、謝罪すべき相手はたいてい数光年の彼方にある。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • 二〇万光年の彼方より飛来したものとは何者か。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • その義理も、ドクター・リーの実物を前にし、発言を耳にしたとき、一〇〇光年の彼方へ吹きとんでしまった。 田中芳樹『タイタニア2 暴風編』より引用
  • 塵と化した妻のからだは半光年の彼方に横たわっている。 ロッデンベリイ『スター・トレック2/カーンの逆襲』より引用
  • いつもの完璧かんぺき笑顔えがおなど、一億光年の彼方かなただった。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 01巻 春にしてブラックアウト』より引用
  • たとえば太陽系から最も近い恒星、四・三光年の彼方かなたにあるプロキシマ・ケンタウリ星を光の速度で往復すると仮定すれば、地球では八・六年の年月が経過しているのに、宇宙船内ではほとんど時間が経過していないという奇妙な現象が起こる。 森村誠一『殺人の赴任』より引用
  • 酔いは百万光年の彼方に去っていった。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • その中には50光年の彼方にあるポリヘドロンから届いたランとムギナミからの手紙もあった。
  • それのみならず、〈EXPENDエクスペンド〉局は、本当に危険だと判断すればこそ、あのメッセージを五十六光年の彼方まで飛ばしてきたのではなかったか。 R・エイヴァリー『タンタロスの輪』より引用
  • これは人類の祖先が数万光年の彼方に存在し、遥かなる地球を目指すという、旧約聖書の『出エジプト記』を基にしたストーリーだった。
  • しかしそんなシュンに恋する少女が、8万光年の彼方にいた。
  • その巨体ゆえ小回りはあまり効かないがスピードは早く、搭載されたハイパードライブは一回のジャンプで6万光年の彼方にまで到達することができる。
  • 「誰か」は二〇万光年の彼方から訪れた、と。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • そして、百三十七光年の彼方で、今ごろユミコ・Kは何をしているのだろうと考えると、無性にせつなくなってくるのです。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 次へ »

光年の彼方 の使われ方