光年のかなた

11 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、航続距離は五百光年にすぎず、アルコンの母星は三万四千光年のかなただった。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • 二千億年のむかし、原初の時点から時は流れはじめ、二千億光年のかなたでその流れはやむ。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • だが三十五光年のかなたにある宇宙空漠のなかのびょうたる惑星しみへ、どうやって宇宙船を向けようとするのか? アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • ボタンを一押しすれば、もう数千光年のかなた。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『06 時間地下庫の秘密』より引用
  • 三万四千光年のかなたじゃなくて。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『05 決戦! ヴェガ星域』より引用
  • その吐き出す放射線は、遠く一千億光年のかなたにただよう他の星雲群を破壊しつつあった。 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』より引用
  • それらの星雲のひろがりは、数十億、数百億光年のかなたから永劫の光を投げかけていた。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • フェロルにしろ、千光年のかなたにしろ、帰り道は転送機しかない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『07 六つの月の要塞』より引用
  • 晩年の主演作『光年のかなた』では、いきいきとしたキャラクターで不可思議なファンタジーの世界に花を添えていた。
  • 地球から約三千八百万光年のかなたにある乙女座星雲団の後退速度は、毎秒一千百四十キロメートルだし、距離、約一億八千万光年のペルセウス座星雲団の後退速度は毎秒五千四百三十キロメートルあまり。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 今日、望遠鏡で探し求め得る最も遠い〈渦状星雲〉はパロマー山天文台の二百インチの巨鏡で認められる五十億光年のかなたにあるものだ。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用

光年のかなた の使われ方