光年

全て 名詞
1,633 の用例 (0.02 秒)
  • どんな政府も光年単位の距離を超えて支配地を維持することはできない。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 何千万光年の星などと聞いても、ちょっと遠いなぐらいにしか感じない。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • 彼は五百光年の距離と三千年の客観時間にわたってそれを追求してきた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • この空間までの現在の距離であるは、約450億光年と推定されている。
  • 五十光年をあとにして、もう目と鼻の先というところまで迫っているのだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 襲撃現場から何光年も離れたところで、大手を振っていることができる。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • ぼくたちは地球から二百三十七光年ばかり離れたどこかに漂っている。 E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』より引用
  • 地球からは空の35分の範囲に渡って見え、実際には7光年の幅がある。
  • これでは二、三万光年の移動となると、莫大なエネルギーを必要とする。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • 彼女の兄などは人類じんるいの常識範囲を光年単位でえている人物だし。 鈴木大輔『おあいにくさま二ノ宮くん 01』より引用
  • 次のご報告の時には、現在の地点から八・七光年の所に達しているはずです。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • 周囲何光年の範囲を捜しても応答を返して寄越す相手がいるはずはない。 ホーガン『ガニメデの優しい巨人』より引用
  • 道光年間には集落が発展し街が形成され西大街と称されていた。
  • 小柄な見かけにもかかわらず、一万光年の先まで通信を送ることができる。 K・H・シェール『地球への追放者』より引用
  • ここから五百光年離れた地球でそれを知っていたというのだね。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • 百三十七光年先の地球にいるはずのユミコ・Kがぼくの目の前にいたのです。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • 距離の単位として、「光年」を初めて使用したのは、ドイツ人のである。
  • しかも各宙点ポイント間の距離は、最大にして六〇〇光年もへだたっているのであった。 田中芳樹『タイタニア3 旋風篇』より引用
  • 地球から何億光年離れた別の宇宙でさえ、あなたのことは忘れなかったのです。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • 今度の原因は戦場から三・六光年をへだてた同盟首都ハイネセンにあった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • 次へ »