光子

全て 名詞
3,211 の用例 (0.02 秒)
  • どうやら鶴間光子は事情を知らぬまま道具として利用された様子である。 森村誠一『悪魔の圏内(テリトリー)』より引用
  • 結婚した当初は目を回していた光子だが、このごろはもう何もいわない。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • 詳細にはお答えできませんが、私の生命活動に要するのは光子だけです。 野尻抱介『ふわふわの泉』より引用
  • 光子さん、と聞き慣れた声に後ろから呼ばれて、私は慌てて振り返った。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 自分が訪ねて行くばかりでなく、なるべく妻や光子をも伴うようにした。 井上靖『星と祭上』より引用
  • その傍で、光子の妹の綾子と彼の弟とが何か絵本らしいものを見てゐた。 牧野信一『眠い一日』より引用
  • 私にはカウンターのかげにしゃがみ込んだ光子の姿が見えるようだった。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 光子さんと僕との間は要するにただこれだけのことに過ぎなかった。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • 安心しろ、と言うように光子は笑いながら近くの椅子に腰をおろした。 半村良『獣人伝説』より引用
  • しかもこれは壁を透過させて高エネルギー光子を吸い取ることができる。 ロッデンベリイ『スター・トレック4/故郷への長い道』より引用
  • 光子が用意して来たコートに体を包んで、神崎はやっとホテルに戻った。 半村良『獣人伝説』より引用
  • だが、私の頭には光子の部屋にある新品のテレビがうかんで消えなかった。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 弟と草笛光子嬢との結婚については、私としては、何も言うことはない。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • それで光子の言葉に従って家を離れ、ホテル暮らしをはじめたのであった。 半村良『獣人伝説』より引用
  • 私はその温泉に五六日滞在していたので、光子とは可なり親しみが出来た。 豊島与志雄『或る男の手記』より引用
  • 僕は光子と井ノ頭に行った時、少しも心にやましさを感じはしなかった。 豊島与志雄『或る男の手記』より引用
  • 一度は遠くなっていた光子との距離が、坐っている内に元の近さに戻っていた。 半村良『聖母伝説』より引用
  • と光子が言うと、相手はちょっとキョトンとして、それからわらい出した。 赤川次郎『忘れられた花嫁』より引用
  • そしてリッキーは、やはりポケットから光子弾をひとつ取り出していた。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ07 美しき魔王』より引用
  • 光子が死に、急遽きゅうきょ開かれた幹部会議において後継者の選定が行なわれた。 綾辻行人『殺人方程式 切断された死体の問題』より引用
  • 次へ »

光子 で始まる単語