光圀

全て 名詞
1,138 の用例 (0.01 秒)
  • このときには光圀のもとに側用人たちのあらゆる情報が集められている。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 彼らにとっては冗談ごとのようであったが、光圀は大いに本気だった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 本来なら綱吉はここで、光圀を出府させたわけを告げなければならない。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 光圀も、自分の手が同じように動いていることに気づいて悲痛に襲われた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 日本で最も有名なのは「圀」の字で、徳川光圀の名前に使用されている。
  • そもそも光圀のもとには、日々、様々な地域から食品が送られてきていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • いつだったか、父が光圀に告げたことをそのまま子らへ告げていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 本来の徳川光圀は老人だが、ミト王子は自由奔放な少年として描かれる。
  • また、美食家として知られている徳川光圀が食したとも言われている。
  • だが兄の子を世子にしたことで、世の大名は光圀を義の人として絶賛した。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 光圀の脳裏には、今このとき、最も見てはならない者の顔が浮かんでいた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 光圀が兄の子に藩主の座を譲ったことを、幕閣で知らない者はいない。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 徳川光圀をはじめとして、水戸藩主に由来するものが取り扱われている。
  • 光圀死去を機に引退を望んだが許されず、66歳位まで奥を任された。
  • そんな平凡な言葉しか出てこないほど、光圀の喜びは深く、強烈だった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 鎌倉日記は徳川光圀が延宝2年5月に鎌倉を訪れたときの記録である。
  • 光圀は何度もあくびをし、終わった頃には半ば座ったままねむっていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 光圀の膝に歯を立てて死の苦痛を訴えるということもしなかった。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 久子が光圀を懐妊した際に、父の頼房はまだ正室を持ってはいなかった。
  • 純粋に君臣論を解釈するなら林羅山や道春よりも、光圀のほうが正しい。 松本清張『小説東京帝国大学(下)』より引用
  • 次へ »