光を遮る

55 の用例 (0.00 秒)
  • あれほど強力な光を遮るだけの鳥の数でした。 中村正『元首の謀叛』より引用
  • 本種は典型的な陽樹であり、光を遮られることはすぐに枯死に繋がってしまう。
  • 周囲に建ち並ぶビルがあまりに高く、音と光を遮っているのだ。 浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』より引用
  • まぶしそうに目を細め、手で光をさえぎった竜憲は、まだ周囲をうかがっていた。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • さもないと、天井の穴をふさいでわたしに当たる目光を遮るとね。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 子供の弁当袋を作った残りの青い布で光を遮られた台所は、途端に薄暗くなった。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • 樹の葉が重なって太陽の光をさえぎってくれているが、風があまりないせいで全然涼しくない。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • 南側の前庭は光を遮るように鬱蒼とした自然林に覆われている。
  • 竜司の身体と顔が、西からの弱い光を遮って以前よりももっと黒く染まっていた。 鈴木光司『リング』より引用
  • 布団ふとんに深く潜り、昼間の明るい光をさえぎって、彼は重たい眠りに入った。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 物体の表面を特定の色にするためにインク等を塗る場合、元の光を遮る形で色を作る。
  • 西湖の西北の空にねずみ色の雲が出て、それが陽の光をさえぎっていた。 田中貢太郎『蛇性の婬 』より引用
  • 分子雲は約300パーセク後方にあり、さらに後ろから来る光を遮っている。
  • 光をさえぎる影が、一気に肉付けされて確かなものとして、頭上を舞う。 入間人間『電波女と青春男 第05巻』より引用
  • 彼の体が光を遮り、私は何も見えず、足を踏み外して首の骨を折るのではないかと思うほどだった。 カヴァン『氷』より引用
  • かげは光をさえぎらなければ生まれるはずがない。 三上延『シャドウテイカー5 ドッグヘッド(完)』より引用
  • 瓶を握り込んでしまえば光をさえぎることができたが、俺はえてそうしていない。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 弥生は目を背けたまま、急いで手製の木綿もめんのカーテンを引いて光を遮った。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • その日は、朝から幾重いくえにも重なった雲が、太陽の光をさえぎっていた。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • まぶしさのあまり彼女は顔をうつむけて両手で光をさえぎった。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 次へ »